« 「屋台蔵」をご覧になる皆様へ | トップページ | 全国的に珍しい!? »

亀山屋台とは・・・。

みなさん こんばんは 玄武です。

生矢神社の亀山屋台とはどんな屋台?
・・・ということで、まず下の写真をクリックして下さい。

Photo

祭り前日の屋台蔵の様子です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
少し屋台についてご説明します。

私達の地区の屋台は、
通称“神輿屋根型屋台”と呼ばれるもので、
屋台本体を製作する大工、狭間(さま)、露盤(ろばん)などの
木造彫刻、
擬宝珠(ぎぼし)、総才端(そうさばな)などの錺金具、
水引幕、高欄掛などの刺繍物、
漆塗り、金箔の箔押し、太鼓や伊達綱などなど
多くの職人の技が一体となって完成しています。
屋台は、
匠の技を結集した“動く芸術品”と言えます。

次回から、亀山屋台の詳細をご紹介していく予定です。

|

« 「屋台蔵」をご覧になる皆様へ | トップページ | 全国的に珍しい!? »

コメント

今は神戸で暮らす私も40年以上も前には少年期を亀山で過ごしました。この度りっぱな「亀山屋台」や綺麗になっている屋台蔵のフォトを見て昔のことが思い出されます。記憶にある当時の屋台蔵は雨漏りしているのではないかと思わせるものでした。
屋台の後について手柄山まで「エエンヤー・・・」と掛け声をあげて歩いていった楽しい時は今も思い出として残っています。残念だったのは屋台の出ない年もあったことですし、屋台をかつぐ機会もないまま亀山を離れてしまったことです。
フォトを見る限りますますの繁栄あることを確信しております。
一方、都倉の屋台と一緒に飾磨まで歩いたことも、白浜へけんか祭りを見に行ったこともあり、あの頃は祭り好きの少年だったのでしょう。

投稿: ひげおやじ | 2008年10月 9日 (木) 23時21分

>ひげおやじさん、はじめまして。
この度はコメントをして頂きましてありがとうございます。

そうですか、亀山に住んでいらっしゃったんですね。

私は30代の年齢です。

昔の屋台蔵と言えば亀山の駅前でしたね。
ひげおやじさんの時もそうだったんでしょうか?

現在の公民館と屋台蔵は平成17年に移りました。
現在の屋台は平成3年に新調したものです。

子供の頃は屋台について歩くのも面白くて
良い思い出ですよね。

祭りの風情は本当にいいものです。
その思い出は是非とも後世に伝えて下さい。

そして機会があればこちらにも遊びに来て下さい。
祭り好きの血はマダマダ消えていませんよ。

生矢神社の例祭は「体育の日」の前の土、日曜日
に固定されていますのでいつでもお待ちしていますよ。

心温まるお話も聞かせて頂ければ嬉しいですし・・・。

私も亀山発展の為に尽力していきます。

この度はコメント本当にありがとうございました。

投稿: 玄武 | 2008年10月 9日 (木) 23時47分

玄武さん、
早速のご挨拶恐れ入ります。
そうですか、屋台蔵は移動していたのですね。どうりで新しく、綺麗になっているわけです。私がいた頃は、そう、山電亀山の駅前に確か菓子・タバコ屋と山本酒店に挟まれて、恐縮したように建っていました。
明日から例祭ですね。お天気が気になりますがまず大丈夫でしょう。今年は行くことが出来ませんが、いずれまた見に行きたいと思います。
最近はコミュニティー社会と言うような言葉が使われるそうですが、貴方のような若い人が街のことを考えておられることに嬉しい気持ちで、頑張ってくださいとお願いするばかりです。
それでは明日が秋晴れの祭り日和となるようお祈りしております。

投稿: ひげおやじ | 2008年10月10日 (金) 23時37分

>ひげおやじさん、こんばんは。
ご丁寧なコメント本当にありがとうございます。

ひげおやじさんが仰るとおり前の屋台蔵は
亀山の駅前、正にその場所です。

今は祭り関係の倉庫としていますが
現在もその場所にありますよ。

さて亀山町ですがいつも思う事なんですが、
年寄り、若い衆が本当に仲がいいんですよ。

真剣に向き合うんですが、その中でも冗談が
通じたり・・・。

いがみ合いは見られませんね。

私は数年前より若い衆、十数名で
亀山玄武会を発足しています。

祭りだけでなく村の行事も積極的に参加しています。

皆、亀山が好きで自然に集まった仲間です。

この仲間は生涯の宝です。

大きな事は出来ませんが出来る事から
村の為に頑張りたいと思っています。

ひげおやじさんも機会があれば是非祭りを
見に来て下さい。

本当にお待ちしております。

幸い明日の宵宮は天気が回復するそうで
良い祭りになりそうです。

例祭後はこのブログで生矢神社の祭りの様子を
ご紹介出来ると思います。

お互い離れた地ですが、ひげおやじさんの分も
頑張って屋台を練ってきます!

投稿: 玄武 | 2008年10月10日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465652/7984067

この記事へのトラックバック一覧です: 亀山屋台とは・・・。:

« 「屋台蔵」をご覧になる皆様へ | トップページ | 全国的に珍しい!? »