« 6/18付の記事訂正のお知らせ。 | トップページ | 平成3年 亀山屋台入魂式 »

先陣を切る!

こんばんは、玄武です。

今回のご紹介は前回に引き続き
「高欄掛」のご紹介です。

※前回の記事は→気張る!!!

前回は「梶原 景季」でしたが、今回ご紹介する人物は
「佐々木高綱(ささき たかつな)」です。


写真をご覧下さい。

※写真をクリックすると少し大きくなります。
Simg_3759

「佐々木高綱」と名馬の「生食(池月、生唼 ともいわれる)」

実は二人の人物は同じ場面に登場します。

その場面は、「宇治川の戦い」
「宇治川の先陣争い」としても知られています。

宇治川の先陣争いとは・・・

宇治川の戦いで、
「佐々木高綱」は頼朝に与えられた名馬「生食」にまたがり、
「梶原景季」は、「磨墨」にまたがり一番乗りの名を立てようと
川に乗り入れようとする。

「高綱」は初めは遅れをとっていたが、
「景季」に馬の腹帯が緩んでいるので締め直す様に薦め、
締め直させているその間に先陣を切ろうとした。

だまされたと知った「景季」も急いで川に乗り入れ
宇治川で激しく先陣を争うが「高綱」が一歩早く対岸に上陸して
一番乗りを果たした。と言うお話。

ちなみに「佐々木高綱」は
歌舞伎でも取り上げられる程人気の武士とか・・・。

クールフェイスでも目はしっかりと血走っています。

|

« 6/18付の記事訂正のお知らせ。 | トップページ | 平成3年 亀山屋台入魂式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/465652/21771484

この記事へのトラックバック一覧です: 先陣を切る!:

« 6/18付の記事訂正のお知らせ。 | トップページ | 平成3年 亀山屋台入魂式 »