« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

三足早いですが・・・。

こんばんは、玄武です。

今年もあと僅か。

この記事の更新時(12/29 19:00)から数えて
一足、二足、三足も早いですが・・・。


本年も沢山の方々に「屋台蔵」を閲覧して頂きました。
本当に有難う御座います。

今年も沢山の方々にコメントをして頂きました。

色んな意見を頂きまして、本当に勉強になりました。
有難う御座います。

リンクして頂いていらっしゃる方、
今年も本当に御世話になりました。

そして・・・。

今年は色んな意味で
思い、考え、学んだ年でもありました。

真面目な記事から、時に脱線な記事まで・・・。

このブログの記事の基本は
勿論「生矢神社、亀山町」

生矢神社、そして亀山町の魅力を少しでも多くの方々に
分かって頂けるように頑張っていきたいと思います。

来年も「屋台蔵」を宜しく御願い致します。

皆様、体調管理はしっかりとして
よいお年をお迎え下さいませ。

Sdsc_0324
平成21年、気合いの入った宮入の亀山屋台

全てにおいて怒涛の練りの亀山。

今年は本当にええ祭りでした。

来年もええ祭りになるとええな~。

| | コメント (8)

本宮の北山河屋台

こんばんは、玄武です。

H21年度、的形 湊神社の本宮。

山電、的形駅南の駐輪場跡にて
屋台の練り合わせがありました。

今回は北山河の屋台練りの様子。

最近、年末の影響なのか、何かと忙しく
今回は動画のみの投稿です。

| | コメント (2)

人の力

こんばんは、玄武です。

年末の忙しい仕事も一週目を過ぎました。

体調をご心配して頂いた方から
メールを頂き、元気を分けて頂きました。

有り難うございました。

休みが無いと疲れると思いきや
何故かテンションが上がっています。

休みが無いので当然!?
昨日(日曜日)も仕事でした。

ちょっと早めに仕事を終えたので
帰宅後、年末の大掃除をしていました。

個人的な話になりますが・・・。

私の仕事は個人でする仕事もありますが
主は数人でチームを組んでしないと
仕事は前に進んでいきません。

これは祭りに関してもそうであって
寄り合いの時に個人でする段取りもあれば
数人でする事など“人の力”を必要とします。

祭りは一人では絶対に出来ないもの。

個人的な考えでは裏方さんあってこそ
男衆は祭りの二日間でワイワイ出来ると思っています。

屋台練りに関しても一個人が頑張るのは当然でしょうが
“人の力”つまり団結力が無いと練れないと思います。

毎日のように今年のDVDを見るんですが
最近は屋台練りより、幟や挨拶など
頻繁に見てその時の感動を蘇らせるようにしています。

今年の亀山屋台は宵宮、本宮両日とも
気合いの入った良い練りが
出来たんじゃないかなと思う。

本当に感動した今年の祭り。

老いも若きも一つになり亀山の為に。

小さいながらもその一つになれた事は
今年一番の自慢なのかもしれない。
Sdsc_0320
本宮の坂を駆け上がる亀山屋台。

ガブッて上るこの姿こそ、人の力。

団結力の証拠なのだ。

| | コメント (0)

学名は・・・

こんばんは、玄武です。

まず・・・今回は祭りに全く関係ありません。

皆さん、いきなりですが質問です。

学名で「Malus pumila」って何でしょうか?

答えは記事中に出ています。

今回はこれに関する記事です。

昨日、所用がありいつも御世話になっています
酒好きおやじの一夢庵さんに帰宅時に寄っていました。

営業前のお忙しい時間帯でしたが
色々とお話をして下さいました。

さて、帰ろうかと思っていると・・・。

奥様(ご夫婦で営業されています)の塩姉様が
玄武jr君に、どうぞ~と「リンゴ」を下さいました。

リンゴの写真は撮影していませんが
こいつの旨そうに食べる動画は撮影しました。

兄さん、姉さん、本当に有り難うございました。

蜜がタップリ!

本当に美味しかったですよ~。

という事でご夫婦も楽しみ!?にされていらっしゃる
玄武Jrの様子です

| | コメント (0)

覆水盆に返らず

こんばんは、玄武です。

最近、親しくさせて頂いている方が
かなりのご立腹のご様子。

詮索するのは個人的には好きじゃないのだが
いつも穏やかな方が相当怒っていらっしゃるので
ただ事ではないと思った。

怒る理由は流石に、ここでは述べられないが
あるコメントがその方の触れてはいけない部分に
触れてしまったようだ。

人間、間違いは誰にでもありえる事だ。

こんな偉そうに書いている私も師匠と呼ばれる方に
「しょうもない(事で悩むな)!」とバッシッと言われる。

全ての人が満足する事なんて絶対にありえない。

だからといって何でも書くというのは文面で残る
この世界ではどうなんだと疑問が残る。

では、自分は何の疑いを持たずに
素直な気持ちで書き込みする人はどうなんだろう。

「悪気は無いですよ。」

「自分は悪く思ってませんから」
といっても
ちょっと配慮が足りないコメントや記事が
最近目立つように思う。

私もよそ様の祭りをご紹介する時は本当に気を使う。

それがどんな小さな事でも
相手が見えないネットの世界というのは見る人の印象で
批判ともとれる文章になると常に思っているからだ。

私は色んな記事を書いているが批判が無いとは思っていない。

世の中には色んな考えの人がいる訳で
私の記事を読んで仮に逆鱗に触れたとしても
怒りのコメントをして来ないだけかもしれない。

だからこそ記事を投稿する前や、コメントをする際には
何度も読み返して相手の気持ちになって
考えるように心がけています。

日常でも相手の気持ちを少し考えるだけで
お互いのギクシャクは少しでも軽減されるのではないか?

人に対する思いやり気配り、それが見えない相手でも
必要ではないでしょうか?

今回の事でまた自分を見つめ直す
いい機会を頂きました。

心に鏡に写る自分を想像して・・・。

Img_6160

気配りが出来なくて相手の方が不愉快になられた時は
同じ間違いを繰り返さないように大いに反省しよう。

そして自分の中では最大限の努力をしていこう。
それが無駄になってもいい。
相手を傷つけるよりは全然マシだ・・・。

襟元正し、生きていこうと思う。

| | コメント (2)

ちょっとビビリました。

こんばんは、玄武です。

今回のご紹介は、
恥ずかしながら自身の事です。

今年の本宮の祭り終了後。

何年ぶりでしょうか?

偶然が重なり、何故かコレをする事に・・・。

Sdsc_0352_2
祭り終了後に露盤(ろばん)を下ろす為
梯子に登ります。

高い所は全然OKですが、露盤の彫刻が梯子に
当たらない様に気を付けないといないのもあって
流石の私も若干ですが、緊張気味。

Sdsc_0353
露盤を外す前に擬宝珠(ぎぼし)を外していますが、
まず最初に屋台の棟の上に若い衆が昇り擬宝珠を
外し、梯子で待機する者に手渡します。

その後、次の者が梯子に上がり露盤を
頭に被らせてもらいます。

上の写真がちょうど露盤を被らせてもらった所ですね。

Sdsc_0354
「一段、はい。一段」

上に昇っている若い衆が梯子を下りる私を
サポートしてくれます。

Sdsc_0355
梯子を数段降りると下から長い手が伸びます。

我が亀山玄武会の仲間でした。
本当に安心して梯子が下りれます。

Sdsc_0356
ちょっと腰が引けつつ・・・。

雰囲気ですが、下には沢山の人の気配がありました。
降りると共に数本の手が伸びてきます。

Sdsc_0357
梯子を下りきる直前。

「後何段」と一歩降りる度に教えてくれます。

これは安心出来ますね。

それだけビビッていたのでしょうか?

その後は逮捕!?

Sdsc_0358
写真を撮ってもらおうと露盤を被ったまま
キョロキョロすると・・・。

若い衆が肩を捕まえ、撮影されました。

悪い事して捕まったみたいですね。

この後、公民館に露盤を無事に下ろして
任務は無事に終了したのでありました。

久しぶりでしたので真面目に緊張しましたよ。

写真 御提供 亀山玄武会.会長様

| | コメント (1)

自分の道

こんばんは、玄武です。

今年も残す所あと少し。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は12/20の日曜日が最後の休日となり
その休日を最後に年末~年始(1/8?)まで
ノンストップで仕事です。

体を使う仕事、またこの時期はやはり寒いので
ちょっとハードな感じがプンプンします。

何でも祭りに例えてしまいますが
今の気分は・・・・・こんな感じ
Simg_6778
ツライの~って感じかな。

連日、テレビを見ていて政治家のお偉いさん方が
ああでもない、こうでもないって庶民とかけ離れた
議論をされている。

労働者の意見は全く届きそうに無いので
的外れな事を言っている政治家の方には
失笑すらも出て来ない。

大層な事を言う前に現実を見てみんかい!(怒)

そして直に逃げ出す、言い訳をする事を
やめてほしいものです。

何でもありかよ?って思ってしまいます。

マスコミも100年に一度の大不況と騒ぎ立てる。

その大不況の時期に仕事が多忙な事は有り難い事。

愚痴ばかりでは、仕事もつまらない(めんどくさい)
ってな事になりかねない。

ただ、めんどくさいだけの仕事はしたくない。

自分が原点に返るとすると、

「この仕事は自分で選んだ道」

自分の心の中では、逃げる事は許されません。

逃げたくなっても家族を守る為には、
寒さ、辛さにも勝たねば!

何より最近、Jrに
「お父さん、お仕事ご苦労様」と言われ
泣いてしまった事もあり・・・。

Jrよ。

お父ちゃんは、頑張るぞ!

それを自然に思うという事は
ちょっと親父らしくなってきたのかな?

Simg_1961
その先の事、つまり将来は、その時は分からないが
努力して、楽しんで、自分達の手で掴み取れ・・・・か。

| | コメント (2)

一丸となって

こんばんは、玄武です。

現在21時。
本来ならこの時間は仕事(残業)だったんですが
仕事が順調に終わり当初の予定より
4時間近く早く帰宅しました。

寒い中の仕事なので覚悟していましたが
拍子抜けしてしまいました。
まあその分、家族とユックリ出来るので
良かったです。

さて今回は以前からご紹介しています
H21.生矢神社秋季例大祭の宵宮の
亀山本徳寺駐車場にて執り行われました
亀山屋台と手柄屋台の練り合わせの様子。

前回は力の限り・・・(動画その1)

今回はその2となります。


一意専心となって屋台練りをするですね。

いや~動画を見ていると来年の祭りが待ち遠しい・・・。

今頃に宵宮の記事?と思っておられる方も
いらっしゃると思います。

年末年始も仕事でそれに向けての仕事があり忙しくなりそうですが
それ以外の突発の仕事なども考えられるので、
更新・・・と、気持ちが廻りません。

本当にボチボチ更新していきます。

生矢の祭りもそうですが、今年は他地区の祭り見学も
動画や写真が結構あります。

主に動画撮影ですが、写真を含めると
膨大なデータとなり、例えばタイトルなどの動画の編集や
写真中のネーム入れ等、編集が億劫となっています。

実際に動画などはこの先、編集しないと
動画投稿サイトにも投稿出来ません。

まあ、気長に、来年の祭りまで、ボチボチと・・・。

・・・と分かっているんですけどね~。

| | コメント (0)

「これ、御神燈!」

こんばんは、玄武です。

本年度も残す所あと二週間ちょっと。
慌しく月日が過ぎて行きます。

記事の更新に関しても
基本、気まぐれで何も考えていないので
例えば宵宮や本宮の記事が前後します。

順に追って記事にすれば良いのですが、
気まぐれ、思った事は記事にしないと気が済みません。

といいますのも、先程「えっ、マジで!!!」
と思った事です。

今年、宵宮に来られて素晴らしい写真を撮影、
ご提供して下さった、相互リンクして頂いています
魚吹のまつりの管理人さん「ぐじさん」の
写真を見ていましたら・・・。

Sdsc_0047
こちらは宵宮の本徳寺、手柄屋台との練り合わせ後の
亀山屋台の町練り。

狭い道での「横吊り提灯」を交わす様子。

Sdsc_0048
えらい角度で提灯を上げます。

こちらは台車での巡行です。

ん~良い写真♪。

ご満悦でぐじさんの撮影された写真を見ていますと・・・。

玄武Jrがやって来て、一緒に写真を見せろと言います。

・・・で次の写真。

Sdsc_0049
Jr曰く「亀山町や」との事。

ふむふむ。

ああ~なるほど、亀山町の3区に、この「横吊り」は
ありますから、よく見てるなとちょっと関心。

・・・で次の写真を見るなり、Jrの一言。

Sdsc_0050
Jr 「これ、御神燈(ごしんとう)や!」

え~マジで!!!

何で知ってるの???

誰が教えたかは定かではありませんが
何回見せても「御神燈」でした。

Simg_6643
Jr、只今、二歳八ヶ月。

二歳八ヶ月で御神燈って・・・。

恐るべし!玄武Jr。

これだけ祭りが好きな我が子を見ていつも思う事。

この子の将来はどんな祭りになっているんだろう。

※御神燈は「神前に供えるあかり」の事。
  裏には当村の地区によって異なりますが
  献燈(けんとう)の字が入っています。

| | コメント (0)

光の束

こんにちは、玄武です。

本日12/13は亀山町で古紙回収がありました。
参加された皆様、お疲れ様でした。

我が亀山玄武会も数名、参加致しました。
こうした地域の行事も大切にしていきたいですね。

玄武会の皆、来年も頑張りましょう。

さて今回は前回の続きという訳ではありませんが
亀山屋台の棟の綺麗さを
ご覧になって頂ければ・・・と思います。

前回の記事は拭う

匠の技で磨かれた棟は本当に綺麗。
Simg_6736
棟を磨いて下さるのはいつも御世話になっています
砂川仏壇店さん。

Simg_6740
宵宮の出立ち前。

磨いた直後の亀山屋台の棟。

雲と電線が棟に写りこんでいます。

Simg_6741
棟に金具が写りこみます。

これだけ綺麗な棟ですから太陽の光が
反射するとキラキラと光の束となります。

短いですがH21年度の亀山玄武会制作~販売のDVD
よりこの「光の束」を少しだけ動画をご紹介します。

いや~本当に綺麗。

砂川仏壇店

H21.亀山玄武会DVD 

| | コメント (2)

拭う

こんばんは、玄武です。

今回は自身が例年恒例としている事を
少しご紹介します。

私は現在は祭りでは“練り子”で
何も役は付いておりません。

ただ単純に屋台練りが好きなので
フリーな立場を楽しみガッツリ屋台を練るのを
楽しんでいます。

幾つかのご縁があり、屋台保守とはいきませんが
職人さんとの連絡等もさせて頂いています。

これは亀山屋台が好きで何時までも綺麗な屋台で
あってほしいという事や、当日を綺麗な屋台で練りたいという
一練り子としての素直な心でもあります。

宵宮当日は過去記事の宵宮の朝でも
ご紹介しましたが屋台の棟は
砂川仏壇店さんに磨いて頂いています。

埃の無い状態に見えても
棟には、うっすらと埃は積もっています。

数年前に亀山屋台の棟を磨いた経験があるので
私は特に埃を気にする人間になったのかもしれません。

要所要所で屋台に上がり棟に積もった埃を
“ハタキ”で拭っています。

Sdsc_0174
写真は本宮当日の玉垣入り直前の様子。

自身の紹介の写真で恥ずかしい限りですが、
屋台(本棒)に上がりハタキで埃を拭います。

Simg_6935
写真の棟の右側には金具が写り込んでいます。

簡単に叩く程度で“その黒”は艶やかさを取り戻します。

やはりお宮に入るのですから綺麗な屋台で
気合いを入れて入らないと・・・。

屋台が綺麗と何時も以上に気合いも入る!?事でしょう。

もし見かけられても色んな意味で恥ずかしいので
声は掛けないで下さい(笑)

しかし・・・。

まあ、汚いケツです・・・(汗)

| | コメント (4)

凛凛しさ

こんばんは、玄武です。

今回は以前から
ご紹介していますが、H21、10月18日に
荒川神社の例祭、通称「小芋まつり」の本宮を
息子と見に行った時の様子です。

前回の記事は小芋まつりの練り合わせ

今回は「岡田屋台」です。

とにかく気合いが入っています。

同級生の顔もチラホラ見えますが
息子がいるので屋台には一切近付かずに
声も掛けられませんでしたが、元気そうな顔を見れて
嬉しく思いました。

デジカメでの撮影ですので
ちょっと画質が悪いです。

デジカメの動画も・・・と思っていまして
ビデオ買うか検討中です。

私事ですが・・・。
昨日、年末年始の仕事の
仮スケジュールが決まりました。

予想以上にハードな予感。

三週間以上はぶっ続けで仕事!?
勿論、大晦日や元旦も仕事・・・。

数日前に知り合いと話をしましたが
この不況の中で仕事があるだけ幸せ者だと・・・。

確かにそうですが・・・。

せめて・・・元旦だけでも・・・。

体力が持つかだけが心配の種になりそうです。

| | コメント (0)

積み重ね

こんばんは、玄武です。

最近の玄武Jr。

教育の賜物なのでしょうか。

毎日「ヨーイヤサー」な日々を過ごしております。

今年のブイ(実際使用した物)を当村より頂いてから
ほぼ、毎日太鼓の練習をしています。

私なりに最近思うこと。

今は取るに足らない微小なものですが
こうした小さな積み重ねが沢山集まれば
いずれ将来は大きな価値あるものになる。

必死で乗り子(太鼓打ち)になり切る・・・。

親馬鹿ながら、
そんな息子をちょっと誇らしく思うのでありました。

でも、乗り子に練り子に幟に紙手持ちに拍子木・・・。
色々な事をやってみたいそうで・・・。

こりゃ~将来大変だわ。

| | コメント (4)

勇退

おはようございます、玄武です。

年末まで一ヶ月をきりましたね。

相変わらずのスローペースの更新です。

私は来年の祭りまでボチボチの更新・・・
と思っていますので訳の分からん時期に
宵宮の話題をしたり・・・。

世間では可笑しいかもしれませんが
私には祭りをした瞬間や見に行った記憶は
何時も新鮮。

人の真似をし過ぎて更新しても
オリジナリティーに欠けるしね。

まあボチボチいきます。

と・・・ボチボチと思っていても
師走に入り、仕事が忙しさを増してきたここ数日。

無理をし過ぎたのか分かりませんが
腰を痛めてしまいました。

幸い軽度でしたので接骨院に数回通院する程度で
完治しそうですが、足の痺れを感じた時は
流石に焦りました。

やっぱり歳か?

不安な要素を抱えての年末~年明けになりそうです。

さて、ボロボロ(体)の繋がりという事ではありませんが
今年の祭りではタイトル通り“勇退”の
言葉を贈りたい物があります。

「喜怒哀楽」

こいつと共に数年の祭りを過ごしました。

Simg_7485
祭りに欠かせない衣装の一つ「足袋」

この足袋は思い入れがあります。

数年前に「亀山玄武会」を立ち上げた時に
玄武会の皆で作った足袋です。

祭りの時の辛い顔も喜んだ顔も
この足袋は見ていたはず。

今年の練り合わせの時に底面が剥がれてしまいました。

祭り(屋台練り)では踏ん張る事が多いので
バランスが悪い事もあり思い入れの物も勇退に・・・。

寂しい気持ちが強かったですが、
この足袋に守ってもらった・・・という感謝の思いは
何かで返したい、という事で年明けの「とんど」で
燃やす事にしました。

私は足を守ってもらったという観点から
不用意に燃えるゴミで捨てる事は出来なかった。

物にも感謝。

これって可笑しいのでしょうか?

| | コメント (0)

風の詩

こんばんは、玄武です。

今回は祭りに全く関係ありません。

先月の事。

気分転換に・・・と思い立ち
一年振りに釣りに行って来ました。

釣りに行く場所はもう20年以来になるでしょうか。

馴染みの場所です。

とある場所の防波堤に渡船で渡してもらうんですが
この寒くなってきた季節は何ともいえない雰囲気の
心あらわれる瞬間があります。

Image0011
AM6:00

二十年前から船に乗る場所は変わらずの最後尾。

ハッキリ言って寒い。

でも風に当たってでも見たいものが何時もある。

煙草をふかしながら朝があける瞬間を見る。

つまり朝焼けを見るのが、釣りに行く楽しみの
一つになっています。

最近は付き合い以外はラジオ片手に
一人で行く事も多いです。

私にとっては
何も考えず自分だけの時間を過ごすというのも
必要なのかもしれません。

単純かもしれませんが、ただ自然と向き合う。

そして・・・自然の恵みに改めて感謝した
一日でもありました。
Image0021
メバルです。

温暖化と言われていても、
その季節に入ったんだという喜びの方が大きかった。

| | コメント (2)

豪快(その1)

こんばんは、玄武です。

いよいよ師走です。
あっという間ですね。

今年は年末年始は仕事ですので
大晦日も正月も関係ありません。

慌しく年越しをしてあっという間に正月が終る
という事になりそうですね。

気が付けば“とんど”という事に
なっていると思います。

体調だけは崩さないようにしないと・・・。

さて今回は以前からご紹介しています
H21年度の湊神社秋季例大祭の
本宮の様子をご紹介します。

前回の記事はド迫力!

Simg_7184
山陽電鉄「的形駅」の南に駐輪場跡があります。

結構広いスペースとなっており練り合わせが行われる
と伺っておりました。

最初に「福泊」「児嶋」「地」の屋台が
駐車場に入っておりました。

その後「北山河」「南山河」が駐車場にやってきます。

上と下の写真は「地屋台(左)」と「児嶋屋台(右)」の
練り合わせの様子。

Simg_7191
フリーでの練り合わせが続きます。

・・・という事で、下は動画のその1となります。


湊神社とは関係ありませんが下記にて
お知らせがあります。

少し前からお伝えしています
H21.生矢神社秋季例大祭のDVD。

亀山玄武会制作~販売となっておりまして
リンクしていますヘアメイクスタジオ バンブーさん
のHPにてDVD紹介というリンクがあります。

先行で予約を頂いていた方には
今週中にお渡しする予定ですが、
一般の方は予定が少し遅れまして今週末ぐらいに
なると思います。

購入予定の方はお店に行かれる前に
バンブーさんにお電話をしてからの方が良いと思います。

少人数での制作となっていますので時間が掛かります。

何卒ご了承下さい。

そしてもう一つお知らせ。

お気付きの方もいらっしゃると思いますが
当ブログのサイドバーにある「Special リンク」に
私も参加しています飲兵衛の会「松風会」の
若手のホープであります、レザークラフトの職人さん
TOMOEさんをリンクしました。

好青年で本当に素晴らしい職人さんです。

良く考えると「松風会」って凄い面子が集合しています。
(それ以外の面子は秘密ですが・・・)

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »