« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

これが今年なら・・・。

こんばんは、玄武です。

私事ながら、今の私のお気に入りDVDは
昨年の祭りのビデオ。

勿論、生矢神社の亀山メインですが、
我が亀山玄武会の相談役をされていらっしゃる
先輩の家のビデオ。

先輩の奥さんが撮影されたビデオです。

昨年の亀山玄武会制作のDVDにも
このビデオは取り込んでいますが
ダイレクトのビデオ(無編集)が今の一番のお気に入り。

良いイメージの祭りを頭に焼き付けています。

例えばは、今一番のお気に入り。

これが今年やったら最高やったんですが
“良きも悪き”も祭りですしね。

亀山の皆様、
来年は頑張って以上の祭りをしましょうね。

因みに、今年の宵宮のレクルス前の様子は
過去に記事にしています。

※過去の記事は→為虎添翼

この記事では相互リンクして頂いています
試行錯誤のすぱいらる
の管理人さんで
いらっしゃいます、marchjuddさんがyoutubeに
動画を沢山、投稿されているのをご紹介しています。

今年のビデオは友人から頂く予定です。

今から楽しみ~。

(村の方から)良くお問い合わせを頂いております
今年の亀山玄武会、制作のDVD販売ですが
今の所は未定で御座います。

もし販売の目途が立ちましたら
記事にてご紹介させて頂きます。

| | コメント (0)

祈り天に通ず

こんばんは、玄武です。

今回からは
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の様子をお伝えしていきます。

前回のその想いの続き!?
になります。

祭りをする人間にとって一番心配な事は
やはり、当日の天気でしょう。

今年の祭りは10月9日、10日だったんですが
祭りの一週間内の天気予報では両日とも
曇り→雨、雨→曇りみたいな
最悪な天気予報でした。

実際、宵宮の前日の8日、つまり前夜祭は
土砂降りの雨。

宵宮も朝から16時頃まで雨でした。

宵宮の村練りの道中、夕刻に
西の空が明るくなってきていました。

これはひょっとして本宮は晴れるのでは?

そんな事も思いながらも、レクルスの練り合わせ後は
小雨が・・・。

やはり天気には勝てないものかと思いきや
宵宮の夜中は月が出ていたり・・・。

前回の記事内容のその想いにもありますが
今年は屋台が雨に濡れてしまった事もあり、
屋台の棟の漆の磨きで深夜まで屋台蔵に
いましたが、帰宅時には月と星が出ていました。

一安心と思い、就寝しましたが
本宮の早朝に天気が気になっていたのか
落ち着かず、目覚ましより早く起床してしまいました。

布団から出て、まず外を確認。

すると・・・。

快晴です!

まさに祭り日和!

何やかんやと準備をして、屋台蔵へと向かいます。

この時刻、7:30分。

蔵までの道中、この一枚。
S101010_073215
昨日(宵宮)の雨が嘘みたい。

ちなみに宵宮の出立ちは
Scimg0863_2

本宮は良い天気で本当に良かったです。
S101010_073229

S101010_075017
蔵に到着。

数時間前に棟は磨いていますが
屋台にのぼり、ハタキで埃を拭います。

S101010_075044
棟に昇金具が写り込んでいます。

S101010_075103
こちらは電線、雲が写っていますね。

写真はありませんが、屋台の棟に
朝日が当たると、そりゃ~綺麗ですよ。

漆を塗って十数年経ちますが
磨きたては綺麗と実感します。

艶やかな感じがマニアには、たまりません!

って事で、次回に続きます。

| | コメント (4)

その想い

こんばんは、玄武です。

今回は今年の祭り(亀山)で
一番印象に残った出来事のお話。

前回の記事の心に沁みる
最後内容からの続きになります。

宵宮が終わり、亀山玄武会の仲間の家で
御馳走を戴き・・・帰ってツレと一杯・・・。

ふと携帯を見ると着信が・・・。

バンブーさんでした。

自分の心の中で、電話の内容は、
想像するものはありましたが、
まさかそれはないでしょ!・・・という思いもあり
バンブーさんの家に忘れ物をしたのかと簡単な思いで
話し始めました。

話の内容は、後輩数名がバンブーさんの家に来ていて
私(玄武)に相談があるとの事。

取りあえず、支度をしてバンブーさんの家に向かいました。

この時の時刻、22:20。

バンブーさん家に到着して後輩から話を聞くと、
宵宮の雨で、屋台の棟(屋根)が濡れていて
雨の跡が出来ているとの事。

例年、寄り合いは勿論
祭り当日も裏方で頑張ってくれている若い衆だ。

その後輩が言い出した。

「明日って晴れるんですよね。」

確かに月は出ているし、雲は切れている。

後輩は自分の想いを語ってくれた。

その後輩には想いがあって、
親しい兄ちゃん(青年会の頭)に、晴れの
舞台を飾ってやりたい。

一番可愛がってくれた兄ちゃん(先輩)に
綺麗な屋台で良い練りを見せたい!

その想いに胸が熱くなった。

自分に出来る事は、数年前にやった
屋台の棟を磨く事かな・・・と。

正直、不安はあった。

しかし、徹夜してでもその想いに
応えてあげたかった。

しかし、不安が頭に付き纏う。

何が不安かと言うと、実は雨の後の棟の磨きは
数年前に一度、経験している。

非常に苦労した苦い思い出がある。

素人だけに、光るコツが分からない。

時間も無い。

村の宝の屋台。

極度の緊張で不安という色んな要素が
頭の中を駆け巡る。

しかし、期待には応えたい。

悩んでも仕方がないので、
とある方に相談をした。

色々と相談をしているうちに
その方が来て下さる事になった。

直に、後輩に伝え、蔵の鍵(公民館)の手配を頼み
その方の到着を待った。

数時間後の日が変わった頃、
曇りも無く、綺麗になった屋台。

数時間後には本宮の出立ち。

屋台は練り出される。

しんとした屋台蔵。

ひっそりと静まり返る蔵の中で
色んな方の想いが交差し、
一つになり、本番を向かえる。

「やっぱり祭りって良いもんですね。」

御世話になった方に、深く感謝をして
屋台蔵を後にしました。

そして、本宮の当日。

S101010_075044
雨の跡など一切ありません!

S101010_075103
あとは、良い祭りをするだけ!

本宮に続く。

| | コメント (0)

心に沁みる

こんばんは、玄武です。

私事ながら・・・。

例年、生矢神社、祭り、宵宮終了後、
楽しみにしている事が一つあります。

亀山玄武会の広報を担当されていまして
亀山で美容院を経営されていらっしゃいます
ヘアメイクスタジオ バンブー さんの所で
御馳走を頂く事です。

いつも会のメンバーでドバーっと押しかけ
飲んで食べて、好き勝手させて頂いております。

これは本当に嬉しく楽しみにしている事なんです。

ビール片手に、今年のあの場所の練りは、
~だったとか、去年は~だったからどうとか・・・。

今年は相互リンクして頂いています
試行錯誤のすぱいらるの管理人さんで
いらっしゃいます、marchjuddさんを強引に
引き連れバンブーさんの所にお邪魔しました。

R0013182
写真はmarchjuddさんが撮影されたものですが
この後ろには“おでん(関西では、かんと煮)”と
数種類の料理が控えております。

祭りに欠かせない、鯖寿司、渡り蟹、見えませんが
シャコもあります。

私が特に楽しみにしているのが
“かんと煮(おでん)”。

雨で冷えた体に最高ですね。

心に沁みます。

例年、お邪魔しまして本当に申し訳ないです。

本当にご馳走様です!

例年、その場に居て、色んな事を思います。

会の仲間と祭りの日に堂々と飲める事。

良い仲間がいて本当に幸せだと思う事。

祭りも一日終わって、あと一日なのか、と思う事。

楽しい時間はいつまでも続いて欲しいものです。

たらふく御馳走になり、帰宅へ・・・。

帰宅後、ツレと一杯しながら話していると、
一本の電話が・・・。

その時刻、22:20。

雨の影響で屋台に心配事があるとの事。

慌てて、連絡先に向かいます。

続く。

| | コメント (4)

ああ、亀山・・・

こんばんは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭、
宵宮の様子です。

※前回は→為虎添翼

宵宮、伝統の練り合わせになっている
レクルス前の練り合わせ。

そうそう。
我が家のデジカメの動画を公開するのを
忘れておりましたので、この場で公開。

今年は飯田の圧勝でした。

昨年とまるで正反対の状態。

いや、参りました。

といってもその場でジッとしている訳にもいきません。

亀山も屋台蔵に戻ります。
R0013167
バッテリーを交換し、接触不良も直し、電飾が復活・・。

R0013171 R0013172
いつもは練って戻る道も今年は元気が無く・・・。

R0013177
雨も暫く止んでいたのにレクルスが終ると同時に
パラパラと振り出しました。

蔵前に到着すると、屋台を蔵に入れる為
直に擬宝珠(ぎぼし)を外します。
(外さないと擬宝珠が蔵に当る)

そして、宵宮、蔵入れ。

貴重な動画を相互リンクして頂いています
試行錯誤のすぱいらるの管理人さんで
いらっしゃいます、marchjuddさんより、
御提供して頂きました。

この後、青年会、頭より、本宮に向けての
挨拶があり、宵宮は解散となりました。

棟が雨に当ったので気になりつつ
この時は手入れをする気力も沸かなかったので

ツレの家にお邪魔する事にしました。

半ば強引に、marchjuddさんを引き連れて(笑)

試行錯誤のすぱいらる

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その1

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その2

20101009-生矢神社宵宮marchjuddさんアルバム)

YouTube 試行錯誤のすぱいらる

| | コメント (0)

見えない・・・

こんばんは、玄武です。

よく人から、「お前はホンマ、祭り好っきやの」

とよく言われます。

年がら年中、祭りの事は考えています。

まずは亀山の事、生矢神社の事。

それは、基本中の基本。

しかし、他地区の祭りに目を向ける事も以外に多い。

私は縁あって他地区の知り合いが多い。

そりゃ、言葉は悪いですよ。

初めて某浜手の祭り大好きな方と話した時は
ビックリしました。

A 「自分、何処の祭り?」

「生矢の亀山ですけど、ご存知ですか?」

A 「知っとる、知っとる、亀山いうたら
  しょっちゅう屋台が“どんぶりがえる”村やろ?」

A 「何回か、村練り見たけど、最悪やったわ」

「・・・・・・・・・・・・」

A 「・・・でもな、〆るとこは、バッチリ練りよるんや」

A 「あれはカッコええで!」

A 「何か、わいの村と似とる感じがするから、
  亀山は好きやねん」

実際のやり取りはもっとあって
言葉はもっと悪い(汚い)が
このやり取りには本当に参った。

相手の村に対しても
誇りを感じさせる言葉が伝わってくるからだ。

その人も、一番は我が村。

でも無理強いはしない。

本当の祭り好きの心意気を感じた瞬間でもあった。

何が言いたいか?

相手が見えない掲示板。

荒れる(炎上する)のは、祭り好きとしても良い気分ではない。

一個人の侮辱では無いとしても
その地域の人の気持ちを考えて。

相手が分からんからこそ、発言に気を付けませんか?

| | コメント (2)

来年に向けて

こんばんは、玄武です。

今回は祭りのレポートは少しお休み。

・・・といっても祭りネタです。

昨日(11/9)は所用があり、亀山屋台蔵
(亀山公民館)に行って来ました。

この場で詳しく書けませんが
今年の祭りであった、“ある事”を相談する為、
職人さんに屋台蔵まで来て頂きました。

S101109_1824231_2
この日は祭典役員と世話方、青年会、頭OBの二人も
来て頂いていました。

色々と、お話を聞いて参考にさせて頂くことも多く
勉強になりました。

祭りが終わり、早一ヶ月。

来年の祭りに向けての準備が一歩づつ
始まろうとしています。

注1)

記事を書いていて申し訳ないですが、
この記事内容(補修内容等々)に関してのご質問はご遠慮下さいませ。
返答は致しかねます。

ごく稀に、(非公開ですが)彼是と聞いてくる方が
いらっしゃいます。

また、私個人へのメールでのご質問も
申し訳ございませんが返答は致しかねます。

然る時期が来て公表するタイミングがあれば
記事にしたいと思っています。

| | コメント (0)

為虎添翼

こんばんは、玄武です。

今回は前回に引き続き、H22.生矢神社秋季例大祭、
宵宮の伝統にもなっています
“レクルス前”の様子です。

※前回は闘志、沸々と! その続きです。

今回も写真や動画を相互リンクして頂いています
試行錯誤のすぱいらるの管理人さんで
いらっしゃいます、marchjuddさんより、
御提供して頂きました。
(一部、玄武家の写真を使用)

ありがとうございます!

いよいよ、伝統の練り合わせが行われる。
Scimg0881
写真の向かって左が「亀山屋台」 右が「飯田屋台」

練り合わせが始まって数秒。

個人的に感じたのだが、
どうも、亀山の調子がおかしい・・・。

しっくり来ないというか、飯田が強すぎる!

というか、亀山がヘタレやったのか!?
R0013132
暫くすると、亀山がヘタリだした。

Scimg0885
今年のこの日の状況で、この状態では復活は不可能。

亀山は落とすしか仕方がないです。

R0013133 R0013134
ああ・・・落ちた・・・。

Scimg0888
飯田屋台が、すぐ先で肩を入れた(担いだ)まま
待っていてくれている。

写真は無いが、その状態でも、亀山はグデグデ。

まともに屋台が上がりません。

これはイカンって事で、練り子も再度
気合いを入れ直し・・・。
R0013138
再び練り合わせ!

Scimg0890
飯田が強い。

去年と正反対の状態。

情けない事に、どうやっても亀山・・・勝てません。

オマケに電飾の接触不良で屋台の電気も暗いし・・・。

R0013142_2

R0013143 R0013146
ガッツリ、練り合わせの途中。

・・・が、

やはり・・・。
R0013148
亀さん、ヘタリ過ぎです。

観客も「ああ~」しか、言うてへんし・・・。

R0013150
多分写真は練り合わせが終った頃かな?

亀山は屋台を落とし、飯田はガブッて伊達綱を
揺らして、ガッツリ屋台差しを決めてくれました。
(記憶が曖昧です、間違っていたらご了承を!)

その後、お別れって事で、これまた、
飯田がガブッて村に帰って行きました。
R0013162
いや、本当に参りました。

全敗です。

来年こそは、絶対に負けませんよ。

って事で、亀山もこの後
村に帰ります。
Scimg0891

・・・が、続きは次回にて。

marchjuddさんが投稿されましたレクルス前の様子。
youtubeの動画を下に貼り付けていますんで
見てくださいね。

試行錯誤のすぱいらる

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その1 

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その2

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その3

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その4

20101009-生矢神社宵宮marchjuddさんアルバム) 

YouTube 試行錯誤のすぱいらる

| | コメント (0)

闘志、沸々と!

こんばんは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭、宵宮の亀山町の
町練りの様子です。

※前回は雨も上がり・・・ その続きです。

宵宮の亀山。

それは過去より先輩方が築かれた
伝統の練り合わせがあります。

それは、「亀山」「飯田」のレクルス前の練り合わせ。
※レクルスは亀山にある喫茶店の名前。

それは毎年恒例となっており、
両町、負けてはならない伝統の一戦となっています。

勿論、ギャラリーが多い場所でもあります。

亀山は町練りを済ませて、レクルス前に向かいます。

今回も写真の御提供は、相互リンクして頂いています
試行錯誤のすぱいらるの管理人さんで
いらっしゃいます、marchjuddさんより、
御提供して頂きました。

marchjuddさんは当日もお越し下さっています。

本当にありがとうございます

Sr0013108
当日はこの数時間前まで雨が降っていました。

その為、屋台には合羽を掛けておりましたが
雨の心配も無くなってきたという事で、レクルスまでの
台車での移動中に合羽を外していきます。

R0013110
道中の亀山町幟。

同時刻、レクルス前では飯田屋台も到着する頃でした。
R0013111
レクルス付近の飯田屋台。

この段階では飯田屋台も合羽を掛けています。
(その後、合羽は外されました)

亀山屋台もレクルス前に到着。
R0013114
屋台の合羽を外し、金具の微調整の為、
若い衆が屋台の棟に上がっていますね。

屋台の向かって左手には“レクルス”の
文字が見えますね。

R0013115
この写真は亀山の乗り子(太鼓打ち)が交代する
直前の様子です。

R0013119
亀山の幟。

R0013120
「亀山」「飯田」の幟練りが執り行われようとしています。

ギャラリーも増えてきました。

R0013121
合羽を外し終えた飯田屋台。

R0013122
両町、練り子が集まって来ます。

R0013128
両町、屋台に電飾が灯りました。

R0013131
さぁ、練り合わせやで!

練り子の闘志は沸々と・・・。

次回に続きます。

試行錯誤のすぱいらる

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その1

亀山と飯田の練り合わせを見に行ってきました その2

20101009-生矢神社宵宮marchjuddさんアルバム)

YouTube 試行錯誤のすぱいらる

| | コメント (0)

熱き人たち

こんばんは、玄武です。

昨日、(本日か?)は亀山玄武会の
H22、祭りの反省会でした。

只今の時刻は午前1時40分。

正直、ベロベロに酔っ払っております・・・。

しかし、その状態でもお伝えしたい事があります。

私は良い仲間にめぐり合えた事が幸せだと言う事です。

来年、亀山青年会の頭をする者。

そのOBの者。

来年の頭のそのまた、後輩達。

色んな人間が居て様々な考えを持つその結集が
良い祭りに繋がるんだと実感した瞬間でもありました。

今回反省会をした舞台。

亀山の近隣の、とある串かつ屋さん。

本当に良いお店。

そのお店の常連客の方に
手柄地区の女の子がいらっしゃいました。

私が亀山大好きっ子なら、その子は
手柄大好きっ子!

本当に手柄を愛していらっしゃいます!

祭りは男だけがするものではありません。

地域があってこその祭り。

それも感じた良い日でもありました。

生矢の祭りを盛り上げようと
皆は頑張ってくれているんだと
私も興奮した一日でした。

皆、良い笑顔でしょ!?
S101102_235725
来年もええ祭りしようぜ!

| | コメント (4)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »