« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

納め??? は、何時ぞや?

こんばんは、玄武です。

いつも屋台蔵を閲覧して頂きまして
本当にありがとうございます。

今年も沢山の方々にアクセスして頂きまして
H19.9月17日の開設から、H22. 12/29. 21:15 現在での
アクセス数は、236203アクセス(携帯は含まず)
ご訪問者数は83581人となりました。

普段はアクセスなど興味も無いですが
ジックリ見ると結構面白かったりします。

相互リンクして頂いている方々のHPやブログから
ご訪問して頂いている事にもビックリしました。

リンクして頂いている方々、今年も本当に御世話になりました。

さて、今年もあと僅かとなりましたね。

最近の記事でも書いていますが
例年この時期は休みが無く
年末年始は仕事です。

気になったんですが「御用納め」って言いますよね。

意味には、各官公庁で、その年の執務を終わりにする事で
一般には「仕事納め」って言いますよね。

私のように休みが無い特殊な人間は
何時が納めになるんでしょう?

せめて大晦日は日が変わる事無く
早めに帰宅できますように・・・。

例年の事ながらTVでキャスターが嬉しそうに
年末年始のリポートをしているのを見ると腹が立つので
ここ数日関連のTVは見てません。

まぁこの人生、自分が選んだ道ですから
気張っていきましょうかね!

仕事、家族、祭り、引越しもありと、
多忙な一年で多忙な仕事で年を越しそうですが、
個人的には充実した一年でした。

今年出会った全ての方に感謝です。

来年も、ええ祭りしたいですね。
Scimg0909

Scimg0926

Scimg0930
写真は全てH22の生矢神社秋季例大祭、本宮の写真。
※残念ながら、栗山は写真がありません。

皆様も、暴飲暴食は控え、
楽しい年末をお過ごしくださいませ。

よいお年を・・・。

| | コメント (2)

スイッチ!?

こんばんは、玄武です。

今年も残す所あと一週間となりました。

私事ながら例年、
年末年始は(仕事で)忙しくしております。

今年も年末年始も仕事ですし
世間の皆様のようにお正月!って気分にも
なかなかいかず・・・。

しかしながら、せめて身形だけでも
スッキリしようって事で今日の夕方に
ヘアメイクスタジオ バンブーさんの
お店に行ってきました。

バンブーさんは亀山玄武会の広報を
担当されていらっしゃいます。

バンブーさんと色々と話をしたんですが
その中で“スイッチ”の話になりました。

“スイッチ”といっても電化製品のスイッチでは無く
「自分の中のここ!」っていう場面に入る時の
“スイッチ”です。

例えば・・・。

ある野球選手は試合が始まる前に
スパイクの紐を必ず締め直すそうです。

その紐を締め直した瞬間にプロ選手としての
スイッチが入るそうです。

当然、各々スイッチがあるんでしょうが
流石は播州っ子。

当然!?祭りのネタになり、
祭りのスイッチが入る瞬間は何処?って事になり・・・。

「マワシを〆た直後~足袋を履いて玄関を出た瞬間」

この瞬間が一番のスイッチって事になりました。

確かに個人的にはこの瞬間は、
“ピンとした”といいましょうか、凛々しい背筋が伸びたような
堂々と胸を張っているような気がします。

何のこっちゃの記事ですが
祭りの時だけに関わらず
自分の本気のスイッチって探してみるのも
結構面白いかもしれませんね。

来年はどんなスイッチが見つけられるだろう?

好奇心旺盛なJrは
“スイッチ”が沢山生れていると思います。
Simg_0603

| | コメント (3)

恒例の場所

こんばんは、玄武です。

私事ながら・・・。

例年この時期は目が回る忙しさとなっております。

更新も出来ない状態です。

いつも閲覧して頂いていらっしゃる方々
本当に申し訳ありません。

年末年始は超多忙につきこの更新ペースに
なりそうです。

もう一つ私事ですが、
今年の年末年始は全て仕事となっており
世間一般で云うところの“正月休み”なんてものは
私には存在せず、大晦日は普通の月末(土曜日か?)
元旦は月始め(日曜日!?)となってます。

この調子では初詣もかなり遅い
参拝になってしまいますね。

まぁ、神様は寛大なお気持ちがあるでしょうから
少々遅れてもお許しになられるでしょう。

ということで、愚痴はさておき本題に入ります。

今回も前回に引き続き
以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の亀山屋台の様子をお伝えしていきます。

※前回は今年は多い!?

人手が少ないのが気になりながら・・・
Simg_0014
屋台練りは始まりました。

場所は亀山本徳寺の東。

写真の道路は参道に見えますが一般道です。
この付近は趣がありますね。

Simg_0022
亀山の練り子は飾磨街道まで練り進む!

Simg_0027
もうすぐ飾磨街道(写真の幟がいる付近)。

この付近からの動画はでどうぞ。

動画の最後は屋台を肩で受け止めず
不時着みたいになっています(悲)

よくある事ですが、落としたままでは・・・
練り子も男がすたるような事は出来ません。

Simg_0030_2
気合いを入れて・・・。

Simg_0031
「(屋台を)ほり上げれ!」

恒例の場所での屋台練り。

Simg_0032
個人的に思い入れの強い場所!?なのか、
わずか数十メートルの距離でも屋台練りをする場所は
気合いが入るもの。

村の方が撮影されたビデオ(HD)をBlu-rayにしてもらい
頂戴しました。

動画で見ると、この場所は良い感じで練っています。

一歩一歩、お宮へと向かっています。

次回へ続く。

| | コメント (0)

今年は多い!?

こんにちは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の亀山屋台の様子をお伝えしていきます。

※前回は亀山屋台地道を進む

宮道中、村練りをする亀山屋台は
亀山本徳寺前までやって来ました。

Simg_0001
例年、本徳寺前で屋台差しをします。

Simg_0002
拍子木が入り・・・。

Scimg0901
屋台を差し上げました。

Scimg0902 Scimg0903_2
見事・・・でしたが、肩で受け止める時に
“どんぶり返る”始末。(軽くひっくり返った)
(※上記のひっくり返った写真はありません。)

役員さんも「こりゃいかん」って事で
罵声を浴びせ、練り子に気合いを入れて
再び屋台練りへ・・・。

Scimg0905
この後、屋台差しを行いますが・・・。

Simg_0003
あらら・・・不時着です・・・。

情けない事に今年はこんな状況が多かったですね。

一歩間違うと大怪我をするかもしれないので
役員さんが怒られるのは当然と思います。

そして、暫し休憩に。

休憩に入った途端、我がJrはやって来て・・・。
Simg_0008
早速の棒端の真似!?

今年はマイルドに(棒端)綱を引っ張っているなと
思っていたら・・・。

Simg_0009
「(道の)真ん中を歩かんかい!」って
綱を引っ張ってました。

さぁ、休憩も終わり。

再び神社に向かう為、屋台練りが始まります。
Simg_0014
人(練り子)が少ないな~と思いながらの練り出しです。

次回に続く。

| | コメント (0)

全世帯

こんばんは、玄武です。

本日、帰宅すると息子が
ある物を持ってやって来ました。

何かといいますと、です。
Simg_0083
2011年、生矢神社「亀山自治会」カレンダーです。

A2サイズの立派なものです。

このカレンダーは、“ある意味”
特別なものとなっています。

といいますのも、数日前に家に配布されていました
「亀山自治会だより」に、以下のような記事が
掲載されていました。

亀山自治会だより、第30号の記事によりますと

例年好評の「祭りカレンダー」は、これまで一部の
祭典関係者へ配布していましたが、
来年のカレンダーからは、、生矢神社の助成金も得て、
今後、自治会員の全世帯へ配布することにしました。
(一部掲載)

となっています。

亀山の自治会員は生矢神社の氏子中でも
多いですから、かなりの部数になっていると思います。
この決断は町民にとっては有り難い限りです。

また、この試みは個人的に色んな意味で
亀山の祭りが盛り上がる予感がします。

練り子不足で、関係者は苦労が絶えないと
伺っておりますので、このカレンダーを見て
興味を示して下さる方もいるのでは?
・・・と、期待を寄せています。

Simg_0086
2011年の生矢神社秋季例大祭は
宵宮が10月8日(土)、本宮が10月9日(日)
となっています。

Simg_0084
ちなみに、この写真は本宮の本殿の西側!?で
屋台を差す亀山町。(場所は多分合ってます)

何時かは、亀山玄武会でもカレンダー(A2、7枚綴り)を
製作してみたいとは思いますが、意見も色々、
課題も多々あり、実現は難しいでしょうね。

まぁ、何はともあれ、もうすぐ年末。

そんな時期がやってきましたね。

皆様も、体調管理はしっかりと!
慌しい年末を乗り切りましょう!

| | コメント (4)

調和

こんばんは、玄武です。

今回は祭りネタはお休みして
自然と調和した文化財について
記事にしたいと思います。

※今回の記事内容につきましては、勉強不足につき
  多々、間違い等があるかもしれませんが
  何卒ご了承くださいませ。

 

遥か前に少しだけお伝えして
ほったらかしになっていました
「厳島神社」の記事。

※昨年の記事でした。
  放置しすぎましたね 
厳島

という事で、厳島神社の大鳥居の風景から。
Simg_4940
厳島神社、大鳥居。
勿論、国の重要文化財指定。

現在八代目の鳥居です。

現在のところ、鳥居の建て替え用の材木が
国内では見当たらないとの事。

自然と調和しているように見えますが
その姿は圧巻の一言!

鳥居の根元。
実は水深が結構深かったりするらしい・・・。

廻廊の風景。
Simg_6504
入り口付近なので、東廻廊か!?

神社内の場所等の説明は詳しくないですが
多分正解と思います(汗)

Simg_6505
写真の右上には厳島神社の大鳥居、
写真の中央、やや上部には楽房が見えます。

・楽房(舞楽演奏時、奏楽する場所)

そして拝殿へ移動。

Simg_6517
祓殿(はらいでん)より拝殿を見る。

(上記写真の)この後方には国宝の「高舞台」があり、
歴史と自然の見事な調和に感動しました。
Simg_6513
国宝「高舞台」

平清盛が大阪、四天王寺から移した舞楽が
この場所で演じられるそうです。

現在のこの舞台は1546年(天文15年)に作られたもの。

「高舞台」は平舞台の中央に位置しています。
下の写真で位置関係が少しですが
分かるかと思います。
Simg_6516_2
写真の一番手前の舞台が「高舞台」

中央に見えます大鳥居と
高舞台の間(観光客が沢山いる場所)も平舞台。

鳥居の左右に写っています建物は
上記写真でも述べました、左右楽房。

つまり、この撮影位置は拝殿と高舞台(平舞台)の
中央部分になりますね。

その後、神社内を参拝。

神社内はとにかく広い。

参拝道中で、天神社(摂社)を見つけた。
Simg_6519

Simg_6520
国の重要文化財。

天神社(御祭神:菅原道真公)

厳島合戦で聖地を穢(けが)した事に心を痛めた
毛利元就の指示により毛利隆元が建立。

この厳島神社は重要文化財の宝庫。

さらに続いた参拝道中で・・・。
Simg_6521
国指定重要文化財「能舞台」

能舞台の創建は1568年頃、毛利元就が
観世(かんぜ)太夫を招いて法楽した時と伝えられる。
現在の建物は1680年に建築。

観世太夫(かんぜ たゆう)
猿楽(のちに能楽)の観世流の家元。
観世流の始祖の観阿弥が、初代の観世太夫。


※解説資料:千代田区観光協会 ちよだの人々より

最初の写真から見て、何か変化がある事に
気が付かれましたでしょうか?

Simg_6528
潮の満ち引き。

現地に到着した時は満潮→干潮の下げの時
だったと思います。

自然の力は凄いですね。

人間はその力に少し寄りかかっているだけ
なのかもしれませんね。

しかし、自然に寄り添い調和し、
その文化を後世にまで伝えた偉人は
素晴らしいと思います。

自然とのバランスを幾つもの困難に立ち向かい
築き上げた事でしょう。

人の悩みって小さいものなんだろうか?

考え方は人それぞれ。

しかし、ネガティブな考え方のままでは
いつまでもプラスにはならないのではないだろうか?

自然の真似は出来ないが
「マイナスシコウ」を「プラスシコウ」に変換して
バランスを取り戻した方がいいのかもしれない。

意外とヒントはすぐ側にあるのかもしれませんね。

Simg_6530
自然は大きい。

その自然を取り入れた偉人達。

自分の悩みなんて小さいのかもしれません。

感動を覚え・・・。

この旅で心が成長出来たのかもしれません。

解説参考:

千代田区観光協会HP

ちよだの人々より 観世太夫) 

| | コメント (0)

亀山屋台地道を進む

こんばんは、玄武です。

今回も前回に引き続き、
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の亀山屋台の様子をお伝えしていきます。

※前回は亀山、本宮の出立ち

地道を進む亀山屋台は
狭い道を進んで行きます。

Scimg0899
細い道ですが、なかなか、ええ雰囲気だと思います。

今年はデジカメの動画が少なく
良い動画がありません。

という事で、数少ないデジカメの動画を
ダイジェストで纏めてみました。

宜しかったらで、どうぞ。

| | コメント (0)

亀山、本宮の出立ち

こんばんは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の様子をお伝えしていきます。

※前回は→祈り天に通ず

宵宮の雨が嘘のように晴れた本宮の朝。

居ても立っても居られず、早めに蔵に到着し、
ハタキで埃を拭います。(前回記事をご参照下さい)

S101010_075103
艶やかな棟です。

Scimg0894
ちょうど、ハタキをしている頃、子供屋台は
一足お先にお宮へと向かいます。

子供屋台の出立ちが終わり暫くすると
いよいよ大人も出立ちへ。

Scimg0896
亀山の幟練りが始まる様子。

蔵の周辺に人が少ないのが気になります(焦)。

さぁ!練り出しや!

Scimg0897
気張って行きたい所ですが、何回も落としては進み
落としては進みと、本宮の朝の亀山らしく
お宮へと進んでいく。

進んだ先には恒例の道が・・・。

それは、前回の記事で取り上げたの写真の道です。
S101010_073229_3
この写真は山陽電鉄「亀山駅」付近。
手前の道路に見えているのは線路(踏み切り)です。
東を向いています)

Scimg0898
踏み切りと横吊り提灯を越えて練りだした亀山屋台。

この道は狭く、家と家の間をギリギリで練って行きます。

今年はある方が腰を痛めまして、
ビデオ撮影されていらっしゃいましたが、撮影の腕が凄く
良い動画が沢山撮影されていました。

個人的にその動画を頂きましたが、上記の写真の
道路の屋台練りは、手に汗握るものとなっていました。

この狭さが緊張感を生み、家と家の間にある
挟まれたような狭い道で屋台練して行く
楽しみになっているのかもしれませんね。

次回に続く。

| | コメント (0)

比翼の鳥と連理の枝

こんばんは、玄武です。

ここ数日、師走という事も関係しているのか
バタバタとしており、更新を滞っております。

今回は私事ながら、先月末の話題から・・・。

先月末に、亀山の後輩(新郎)が御結婚をされました。

私と亀山玄武会の仲間は結婚式の
二次会から出席しました。

新郎には弟がいらっしゃるんですが
その弟が新婚夫婦に、こんなものを
プレゼントしていました。

S101127_1956311_2
新郎家の家紋、新婚夫婦の御名前入りの幟、
紙手提灯(名前入り)

S101127_1956551
祭り好きの発想ですね。

立派な出来栄えに感動しました。

※上記にも述べていますが、本来幟、と提灯には
  御名前が記入されています。
  今回はプライバシー保護の為、写真に加工をさせて
  頂いています。

S101127_2008471
上の写真は新郎夫婦の関係します「よさこい」の
関係者の方々。

初めて間近で拝見しましたが、凄い迫力に
驚きっぱなし!

その他のゲームも盛り上がり、
いよいよ二次会も終了・・・。

と、思いきや・・・。

祭り好きの、新郎のツレによります
“恒例のアレ” 始まりました。

S101127_2042411
幟練りです。

祭り好きは、幟があったら反応するんでしょうか?(笑)

他府県の友達(新郎?新婦?)に若干引かれつつ(笑)
大声で伊勢音頭を唄う次第!

・・・と言いつつ、私を含む、亀山玄武会の人間も
伊勢音頭を唄ってました(笑)

二次会も盛り上がり、素敵な一日を
過ごさせて頂きました。

本当におめでとう。

いつまでも、仲睦まじい夫婦でお幸せに!

記事とは関係ありませんが一言だけ。

連日、当ブログを閲覧して頂いていらっしゃる方々、
本当に申し訳ございません。

今年の年末、年始は休みも無く
“普段通りの月末”になりそうです(悲)

それに伴い、今後も暫く
この更新ペースになりそうです。

まぁ、今後もボチボチ更新します。

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »