« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

伝説と伝統

こんばんは、玄武です。

伝説と伝統の違いってなんでしょう?

その地区の祭りを愛する人間に
他地区の人間が誹謗中傷をする意味って
あるんでしょうか?

他地区は他地区。

我が村は我が村。

見つめ直す事は目の前にあるはず。

ある掲示板を見て思った素直な感想。
(生矢神社の話題じゃないけど・・・)

伝説 語り伝える(継がれる)もの

伝統 過去の歴史から次世代に継承するべきもの

古くからの習慣を崩さず、新たなる発展というのは
時代と共に変化すべきで、そこからも伝統は生まれ
継承されるものだと思っている。

後世に受け継いでほしい大切な事は
祭りだけではなく、世代を超えた“絆”という
繋がりも継承してほしい事。

他所は他所。

他からどう言われても息子には胸を張って言える。

Scimg0943

生矢の祭りは最高やぞ!

亀山は最高やぞ!

| | コメント (0)

シャキッと・・・

こんばんは、玄武です。

ここ数日バタバタとしているせいか
爆弾を抱えている腰痛が悪化してきました。

何もしていなくても腰に重みを感じます。

腰の重みが酷くなる前に病院には行っていますが
通院頻度を上げないと辛くなって来ました。

椅子に座っての更新も辛いので
今回は動画のみのご紹介とします。

以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の亀山町の様子。

※前回は→上へ上へ

今回は宮入の続きで亀山屋台が
坂を上る途中からの様子と
屋台が拝殿前にやって来た様子。

下の動画をご覧下さいませ。



昨年はなかなかグデグデ気味やったんで
今年は気合入れてシャキッと行かんと駄目ですね~。

私も腰をシャキッとする為、暫くの間、通院デス。

| | コメント (2)

狭き道・・・と最近は・・・。

こんばんは、玄武です。

生矢神社の氏子である亀山町。

地道が多く狭い道も多い。

狭い道を屋台練りするのは
例年通りですが、改めて見ると迫力がありますね。

Simg_0098

Simg_0099
ここだけは!って場所は不思議とグデグデにならない。

一体感ってこんな感じなんだろうか。

・・・と、祭りの話はここまでで・・・。

ここからは私事のお話。

どうでもいい事なんですが
最近、ちょっとした事に、はまっている。
Simg_0109
坪庭造り。

ちょっとだけ坪庭を造るつもりが
性格上!?しっかりと造りたいと思い出し
週末になると土、石、草木、苔と格闘中・・・。

なかなか満足な出来栄えにならず
本を購入して勉強中です。

嫁曰く・・・病気だそうデス(笑)

踏み入れてはいけない世界に
足をつっこんじゃったかな~。(奥が深い世界です!)

祭りがオフシーズンの今は屋台の事より
苔の生態が気になります~(笑)

| | コメント (0)

上へ上へ

こんばんは、玄武です。

今回も以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の亀山町の様子をお伝えします。

前回はH22.亀山町宮入

ご存知の方も多い事かと存じますが
生矢神社の本殿(社殿)は坂を上った場所に鎮座します。

例年、各町は宮入の為、
屋台を練って宮入を行います。

昨年の亀山町も例年通り
宮入をする為、鳥居を潜って来ました。

前回の記事より



拝殿(社殿)の麓で屋台差しを行った
亀山屋台は坂に差し掛かります。

下の写真は一昨年の様子です。
Dsc_0319
一昨年の亀山屋台、坂上り直前の様子

昨年の様子は下の動画でご覧下さい。

亀山の練り子の皆さん
昨年は坂の途中で屋台を落としたので
今年は一気に駆け上がりましょう!

ただ、個人的には、腰の心配が・・・・・。

| | コメント (2)

H22.亀山町宮入

こんばんは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の亀山町の様子をお伝えします。

前回の記事宮入前の・・・

亀山町の宮入の様子です。

の動画をご覧下さい。

去年はグデグデ気味でしたが
面白かったですね。

| | コメント (2)

気になるわ~。

こんばんは、玄武です。

突然だが、私のブログスタイル。

それは写真を見てから記事内容を
想像してから記事にしている。

先程、記事を書こうと何気なく昨年の
生矢の祭りの写真を見ていたら
亀山屋台のエライ事を発見してしまった。

Scimg0930_2
H22、生矢神社秋季例大祭 本宮 亀山町宮入

・・・・。

間違いであって欲しい。

ああ・・・“エライ事”ってのは、
ぶっ壊れてる事(破損)です。

この場所は自分の思っている補修箇所のすぐ側で、
祭りの後日や11月にその場所も見ているんですが
今まで全く気が付きませんでした。

ハッキリとした写真がないので、
間違いであって欲しいのですが、今すぐ蔵に行って
確認したいです。

すぐ側を見ていて
気が付かなかった自分にちょっとショック・・・。

壊れてる?壊れてる・・・よね?

あああ・・・役員さんに相談に行こう・・・。

破損!?場所は写真を見るなりして想像して下さい。

現物確認していないので答えたくありません。
その手のコメントはご遠慮願います。

| | コメント (0)

宮入前の・・・

こんばんは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H22.生矢神社秋季例大祭の
本宮の亀山屋台の様子をお伝えします。

(※昨年は写真が少ないので文面でお伝えしないといけません。)

前回の記事一戦

馬場での四台練りを終えた各町は
二台練り、三台練りと練り合わせを行います。

一通り練り合わせが終わり、そろそろ宮入かと
暫しの休憩。

昨年の年番は飯田町でしたが
すぐに宮入する気配がない。

当村(亀山)の棒端に話を聞くと
例年とは違った試みをするとの事。

それは、宮入前に鳥居前で宮入順に
練り合わせを行いその勢い!?で順次
宮入をして行くとの事でした。

素晴らしい試み・・・と思いましたが
個人的には腰の爆弾(数ヶ月前のギックリ腰)の
治療中で強引に祭りに参加していて
無理がたたって腰が悲鳴を上げていた事と
体力が落ちた状態で宮入(坂)が出来るのかという
不安で一杯。

しかし、いざ練り合わせが始まると・・・。

Scimg0926
負けてたまるか!って気合いタップリheart01

因みに上の写真は上記で述べました
宮入前の練り合わせ、「亀山」「飯田」(左が亀山)

お昼を過ぎて、気温がグングン上昇して
暑かった事もあり体力は、かなり消耗・・・。

腰の痛みも増してきて
不安を抱えたままの宮入となりました。

次回へ続く。

先日、当ブログの総アクセス数が
24万アクセスを突破しました。(携帯からのアクセスは除く)

最近、放置気味にも関わらず
連日のご訪問、本当にありがとうございます。

今後とも宜しく御願い致します。

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »