« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

再開!?・・・放置!?

こんばんは、玄武です。

地震の事もあり、祭りの記事の更新を
控えておりましたが、少しずつですが
再開しようと考えています。

更新に関して世間の意見は様々ですが、
播州の祭りの記事で元気が出てくれる方が
一人でもいらっしゃったら、こんなに嬉しい事はありません。

Simg_7100
一歩、一歩、前向きに・・・。

頑張って記事にしていきたいと思います。

頑張ります・・・と偉そうに書いてますが

かなり前より痛めてた腰痛(最近は幾分マシ)と
先週末より痛めた肩?首(これはマジでヤバイ)の影響からか、
まともに下が向けません。

キーボードを打つのもかなり辛い・・・・・・。

それと、昨年の生矢の祭りの写真を
提供して下さる方からの連絡待ちの状態で
暫くは更新も放置の状態が続くと思います。

亀山のK君、写真のデータの連絡待ってます~。

| | コメント (1)

生活道路について考える

こんばんは、玄武です。

タイトル・・・何の事?
と思われる方も多い事でしょう。

私が住んでいる地元、亀山町は所謂、
地道が多い地域でもある。

この地道は古くから地域の方々の
生活道路として利用されている。

私の自宅付近の道路も、
この生活道路に面しています。

道が狭い・・・とは、どれぐらいなのかといいますと

普通自動車と自転車が

横に二台並ぶ程度とお考え下さい。

自動車のすれ違いは当然出来ません!

ここ数ヶ月、この狭い、生活道路で
非常識にも程がある輩が存在する事に
個人的な事ながら非常に腹が立っている。

まず、狭い道で猛烈にスピードを出す者。

これは脇道から子供が飛び出してきた場合は
どうなるか分かっていないのでしょう。

人が歩いていても徐行など一切なし!

数日前、私は車に撥ねられそうになりました。

数週間前はお年寄りが
電動の「シニアカー」「セニアカー」に乗られて
自宅前を移動されておりました。

その後方から二十歳ぐらいの
軽自動車に乗った若者が・・・。

片手にオニギリ?パン?を食らいながら
「ピッ ピッ ピッ」とクラクションを鳴らす。

道が狭いし、シニアカーはスピードは
出ないんだからしょうがないでしょ。

というか、お年寄りに失礼なヤツや・・・。

そう思いながら見ていると
お年よりは一旦停止のラインへ。

この時、この青年(輩)はとんでもない事をしでかした。

「ビ、ビ、ビ、ビ、ビ------」との大クラクション!

お年よりも気に障られたのか
振り返ると「待ってくれ!」の一言。

これに輩は車の中から特大の文句を言いやがった!

窓が閉まっていても良く聞こえてます。

目の前でやられたので流石の私も
この輩にキレてしまった。

この時の文句はご想像に任せますが
いたわりの無い輩に腹が立ってしょうがなかった。

その輩は猛スピードで逃げて行った。

さらに数日前、これはヘタすると不法侵入な事なのだが
狭い道で車同士が交わせず、最悪な渋滞に・・・。

すると数件隣の家に怪しげに
何回も切替しをする車が・・・。

実はこのお宅、一階が駐車場になっており
シャッターで完全に閉まるお宅なんです。

つまり駐車場が家の中に取り込まれているという事。

・・・、ん? 車庫入れか?

その車は、完全に家に入っていました。

ああ、そのお宅、
車を買い替えはったんかな?と思っていると
何事も無かったかのように、女のネーチャンが
猛スピードで通り過ぎて行く。

後で知り合いに聞くと、全くの他人らしい。

家の中(完全に建屋内)に堂々と入る
輩の気が知れない。

これは不法侵入じゃないのか?

結構な時間駐車場に入ってましたよ。

エンジンも掛けっぱなしでしょうし
駐車場は排ガスで一杯。

呆れて、物も言えません。

トドメは勝手に解釈しているのか
他人の駐車場で車を交わし
ブロックの当て逃げ!

これは器物破損になりますよね。

私の道ではありませんので

地元住民以外は通るな

・・・とは偉そうには言いませんが

節度ある運転を心がけて下さい。



地元住民は大変困惑しています。



他府県ナンバーも多く通られます。

車のナビで抜け道として利用されるのは

勝手ですが脇道から

子供が飛び出すかもしれませんよ。



狭い道なんで車の交わせる場所は

ほぼ皆無ですよ。



節度ない人間が抜け道として利用し

自宅前で渋滞して

自転車や歩行者が自宅に入れなんて

馬鹿らしいと思いませんか?



節度ある方々も多く利用されていますが

余りに不謹慎な人間が多くいる事。



運転される方は一度でいいので

気に留めて下さいませんか?

| | コメント (2)

義援金に関するリンクを追加しました。

被災地からの連日の報道。

自分にも何か出来ないかと思う気持ちは
全国の方々が同じようで街角や
様々な場所での募金活動で相当な金額が
集まっていると聞いた。

あるご年配の方は、

こんなことでしか役に立てへんから・・・。

そう言ってお金を寄付されたそうだ。

つながるというか、役に立ちたいと言う気持ち。

昔の言い方は存じませんが、
今はコミュニティー社会という言葉がある。

日本でも古くは町内会や
隣組などがあり(町内会は現在もありますが)、
助け合いが日々の生活に組み込まれていた。

それは義務というより人間としての精神なんだと思う。

近年、隣人は誰か分からないという事も耳にし、
以前私が住んでいた地域の溝掃除では
その近隣のハイツの出席者はゼロという
ビックリの中身だった。

その溝掃除は回覧板には

・〇月〇日 〇時~
・「掃除に出席できない場合は罰則金を徴収」

そう書かれてあった。

私は事情があり出席できなかったので
事前に隣保長さんのお宅にお詫びするのと罰則金を
支払いに行ったのだが、その時に隣保長さんは
「この十数年で払いに来た人は初めてです」
そう仰った。

私のような人間は珍しい?

そんな話は広がるもので
溝掃除前までは、こちらが挨拶しても会釈もしない
しかしその後、近隣住人は私に挨拶を
して下さるようになったのだ。

他所は他所。

しかしながら、ほんの小さなコミュニティー精神も
忘れてしまった人間にはなりたくない。

興味を同じくする人、
志を同じくする人が共通の関心事を抱いて集まれば
お互いに心が通じ合う。

仲間が苦境に立てば率先して助けたいとも思うし、
皆の為だと思えば汗も流す。

それと同じとは言わないが
最近の報道で勇気をもらった。

海外のレスキュー隊がいち早く日本に駆けつけ
微力ながら精一杯活動させて頂きたい。
被災者の方が困っておられる時は
人種などは一切関係ありません。

その言葉に胸を打たれた。

俺も負けてはいられない。

何が出来る訳ではないけれど
自分に出来ることから始めよう。

長くなりましたが、
義援金に関するリンクを追加致しました。

「日本赤十字社」 のHPです。

HPの中に義援金に関する情報がありますので
是非ご覧下さい。

被災地の一日も早い復興を切にお祈り申し上げます。

「日本赤十字社」

| | コメント (1)

祭り記事の更新を控えます。

こんばんは、玄武です。

東北地方太平洋沖地震で
日本が大変な事になっています。

祭りを掲示するブログという事もあり
この状況の中、祭りの記事の更新は
不謹慎と判断しました。

当面、ブログの更新は控えさせて頂きます。

東北地方太平洋沖地震で
被害に遭われた方に
心よりお見舞い申し上げます。

| | コメント (0)

何か出来ないか?

こんばんは、玄武です。

皆様、ご承知の通り、マグニチュード9.0という
国内観測史上最大を更新した、東北地方太平洋沖地震。

地震で広範な地域にわたって甚大な被害が生じ
連日の報道を見るたび、ショックで言葉が出て来ません。

直接大きな被害は受けなかったが
阪神淡路大震災を経験し、その後、仕事ではあったが
復旧という大切な役目をさせて頂いた事を
今でも鮮明に覚えている。

当時と今では状況も違う為
被害を受けた方々に何か出来ないか?

思い悩み、私は自問自答していました。

3/14 以下の記事内容を削除して大幅に変更。

内容をご存知ではない方にちょっとだけ・・・。

関西電力に勤める友人から・・・節電の御願い・・・

との内容のチェーンメールを掲載しておりました。

チェーンメールという事は薄々感じておりました。

しかし100%の確信がない為と節電は悪い事ではないだろうと
いう判断から記事にこの内容を掲載しておりましたが
高校時代からの友人で、大阪府箕面市に住んでいる
関電社員のツレに確認しました。

またTVでもこの内容の事が問いただされておりました。

これはデマです。

私が言いたいのは人を騙す、
騙されたという云々というより
この時期に、こんな事をした輩がいる事が
非常に許せません。

つまりこのデマを発信した第一号の人間(メールの一号)。

本心では悪気はないと考えられるかも
しれませんが不謹慎です。

被災された方々に今は何も出来ずモヤモヤとしていた方は
このデマを本気で信じていた人もいらっしゃるはず。

デマ記事を削除致します。

記事の訂正前に、この記事をご覧になられた方で
節電にご協力していただいた方に
デマとはいえ記事を投稿し翻弄させてしまった事、
深くお詫び申し上げます。

上記に述べましたとおり
記事の大幅な変更となりましたが
私にも出来る事を考え
実行していきたいと思います。

被害の大きい地域にお住まいの方、
被災された方のご無事を心よりお祈り致します。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »