« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

亀山屋台虫干し なう


| | コメント (0)

涼を求めて・・・

こんばんは、玄武です。

7/19現在、台風6号が
近畿地方にも近づいています。

雨風が強くなってきています。

皆様も十分に用心なさって下さい。

さて、タイトルにもありますが
酷暑が続いていたので
月末から仕事が忙しくなる前に
休日を利用して毎年行っている
“とある場所”に涼を求めて
川遊びに行って来ました。

Simg_0381
水着に着替えさせ買い立ての網を持って川に入るJr。

Simg_0386
この川は浅瀬になっており、水もとても綺麗。
何より水が冷たい!

Simg_0389
水が冷たかろうが関係なく、無邪気に遊ぶJr。

この後、動画を撮影したんですが
昼食時に、この言葉を・・・。

忙しい現実を離れ、リラックス出来ました。

・・・で、この帰りに恒例!?となっています、
この場所に寄ってきました。

Simg_0405 Simg_0406

いきなり屋台の写真ですが、この屋台は
国道29号線沿いの「道の駅・播磨いちのみや」
常時展示されています「須行名(すぎょうめ)屋台」。

「道の駅・播磨いちのみや」の道を挟んだ
その向かいには同地区の氏神様が祀られている
伊和神社があります。

川に行った帰りは必ず立ち寄る場所であります。

須行名屋台が常時展示されている場所は
道の駅の店内に併設されている屋台蔵。

いつも行くと蔵の電気が消えており
お店の人に電気を付けてもらいます。

この時も、Jrはお店のお姉さんに
ダッシュで駆け寄り、「蔵の電気をつけてください」
と頭を下げて、お願いしていました。

お姉さんも突然、Jrに言われたもんだから
笑いながら電気をつけてくれました(笑)

Simg_0408
おお!デカイ!重そう! と、Jrとじっくり見学。

Simg_0409
Jr・・・どこ向いとるねん。。。

Simg_0410
Simg_0411
Simg_0412
細部にまで“こだわった”素晴らしい屋台ですね。

気が付けば、祭りまで二ヶ月ちょっと。

暑い日が続きますが、気合入れて頑張りますか!

| | コメント (6)

虫干し

こんばんは、玄武です。

ここ数日、酷暑が続いております。

皆様体調はいかがでしょうか?

私は若干夏バテ気味ですが、
月末~お盆明け(もうちょっと先か)までの
休み無しのハードな仕事が控えている事もあり
“それ”に向けて体調を整えております。

暑さも厳しくなってくる頃・・・。

その時期といえば、今年も
亀山町の屋台の虫干しの時期がやってきました。

数日前、村の方に今年の虫干しの日時を伺いました。

7/31 AM 9:00~ 亀山公民館にて

昨年は仕事で行けませんでしたが
今年は何とか行けそうな予感がします。

前倒しに仕事が入らなければ・・・。

というか、屋台で気になっている事があるんで
見に行って役員さんと職人さんに
相談したいんですけどね~。

何か色んな意味でソワソワしてます。

因みに虫干しの意味合いは・・・。

夏の土用や秋の晴天の日に
書画、衣類、調度品などを陰干しし
風を通して虫の害やカビを防ぐ事。

Img_6146
Img_6147
写真はH21の虫干しの様子

| | コメント (0)

角度

こんばんは、玄武です。

前回はH23.蛭子神社夏祭り
ご紹介しました。

今年は宮入の石段のぼりを
見れなかったのですが一昨年に見に行った様子を
ご紹介します。

しかし、ごっつい角度やな~。

凄いの一言ですね。

※以前に当ブログでこの動画は投稿していましたが
以前まで利用していた動画の投稿サイトが閉鎖となり
再度YouTubeにて投稿します。

以前の記事を見てみると過去に
YouTube以外で投稿していた動画は
閲覧不可になっています。

管理人の気分次第で再度YouTubeにて
動画をアップしますが、何せ気まぐれ。

動画が気になる方はコメント下されば
その都度になり、少しお時間を頂き
バックアップしていて
投稿出来る状態にあれば再投稿します。

| | コメント (0)

H23.蛭子神社夏祭り

こんばんは、玄武です。

今回は平成23年7月3日に
兵庫県たつの市御津町岩見の
夏祭りを見に行った様子をお伝えします。


この時期に屋台が見られるという事で
嫁と息子と一緒に家族で見に行ってきました。

公民館に到着したのが午前10時頃でした。

まず出迎えてくれたのがコチラ

Simg_0363_2
公民館の正面に据えられている巨大な御神燈提灯

この時点で若干テンションあがっている私+Jr。

一昨年に見に来た事がある祭りなので
時間的に屋台がどの場所にいるか
大よその見当がついていました。

暫く屋台を追いかけると太皷の音が聞こえて来ました。

Simg_0364
岩見屋台とご対面!

太皷がええ音しています。

Simg_0365
村練りを台車(ゴマ)にて移動中。
道が狭いので曲がり角を曲がるのも大変そうです。

この時、嫁も言ってましたが、村の道が狭いな・・・と。

しかし、狭い道と屋台が良い雰囲気を出していると
絶賛していました。

港町の良い雰囲気です。

個人的に好きな町並みです。

そうこうしていると・・・。

台車が外され、屋台練りが始まりました。

動画の最初のほうに、横吊り提灯(日参)
を潜る場面がありますが、これは鳥肌が立ちました。

ここからのチョーサは、凄いの一言。

一体感の練りです!

Simg_0367_2
屋台は再び台車を入れ、250Rを目指し
進んで行きます。(250R→旧浜国道)

この後、屋台は250R方向に進みましたが
私たち家族は海の岸壁付近で
屋台が帰ってくるのを待つ事に・・・。

屋台が250Rから帰って来ると公民館の方向へ・・・。

どうやら休憩をされるみたいなので
私たちも車で休憩する事にしました。

暫し休憩後、岩見屋台は再び村練りへ出発。

私たちもその後を付いて行きましたが
その時、心配していたアレが空から落ちてきました。

そう、祭りの天敵ともいえる雨。

Simg_0372
村練り(台車)の最中ですが雨が激しく振ってきました。

結構、本降りです。

Simg_0375
(閲覧環境が良ければ)拡大すると
雨が写っているのが分かるかもしれません。

他地区の人間ながら、この時は
ちょっと心配になってきました。

Simg_0377
雨で足元が悪いので滑りやすく大変そうです。

雨が激しくなってきた事もあり、家族も一緒でしたので
怪我がない事を祈りつつ
この場で失礼させて頂きました。

一時間程すると雨も上がり
その後は何とか天候が良くなったそうなので
本当に良かったです。

この時期に屋台練りが見れて、
また、太皷の音が聞けて最高でした。

岩見の方々、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (2)

これって間違いですか?

今回は祭りネタではありません。

以前に幾度となく記事にしていますが
生活道路における横柄な運転者に
非常に腹が立っています。

私の住んでいる亀山町。

古くからの住宅街はいわゆる地道と言われる
狭い道が多くある地域でもあります。

私の小さい頃は現在の様に車が
引っ切り無しに往来する道ではありませんでした。

過去と現在では交通事情も違いますし
私道ではありませんから、車は通って頂いても
全く問題はありません。

但し、理性を欠く運転者は話が別です。

例えば、この記事を読まれている貴方が
狭い道沿いの生活道路に面した場所に
住まれているとします。

この道は車が一台通れるぐらいで
車は交わせません。

交わせる場所は、ほんの数箇所
(一箇所or二箇所)のみです。

車を交わせないまま一方的に車が進入して
その影響で渋滞になって自転車も通れない
自宅へも入れないとしたらどう思われます?

上記で述べた車が交わせる場所。

ハッキリいいますが、この道で皆さんが
車を交わす場所の一部は私有地です。

道路じゃないです。

良くこの道を車で通られる方が
以前にこう仰っていました。

「あの道は“家づたい”に大きい石や
ブロックを置いているから道が狭いな・・・」と。

これは故意に車に当ててやろうと
石を置いているのではありません。

しかも敷地内に置いているのです。

何故石を置くか?

理由は家の壁を破損されたくないから。

一般的に常識ある方は、たとえ破損したとしても
その家の方に連絡して然るべき方法で解決なさるでしょう。

しかし理由はどうであれ、その場から立ち去ったら・・・。

当てられた側は当てられ損ですか!

その補修費用は誰が面倒を見るの・・・となりませんか?

我が家にも明らかに故意に車を交わすのに
敷地内へ入った痕跡があります。

私は小さい人間ですから
敷地内へ入った人間は許すことが出来ません。

そんな人間もいる事も
ドライバーの方は頭に留めて頂きたいのです。

例えば故意に敷地内で車を交わす時に
壁を当てて逃げたとします。

それを見た私は犯人が捕まらなければ
補修費を自己負担しなければいけませんね。

そんな事にお金を使うなら
家族の為に使いたいですよね。

また最近、この狭い道で徐行もせず
車を走らす大馬鹿者が見受けられます。

小さい子供が普通に道を歩いているのに
車に引っ掛けられる恐れが大の場合。

又は、道の角から飛び出したらと考えると
非常に腹が立ちます。

私も最近、道の端で横向いて立っているのにも
かかわらず車に轢かれそうになりました。

通るな!とは言いません。

言うつもりもありません。

節度ある運転を心がけて頂ければ
何も言いません。

こんな私は間違っていますか?

誰か教えてください。

| | コメント (6)

岩見港夏祭りなう


| | コメント (4)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »