« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

Jr.打つべし!

こんばんは、玄武です。

私事ながら、祭り前の寄り合い(準備)ですが、
何時もは一人で行くんですが、昨日は
玄武Jrと一緒に見に行きました。

太鼓の練習の風景を見せようかな~と行ったんですが
大人の練習はまだしていない様子。

しかしながら子ども会の皆さんは
一生懸命練習をしていましたよ。

蔵の前で親子で座り、暫し練習風景を眺める。

数分後、子ども会の練習が終わり
子供達が家に帰ってゆく。

そろそろ良い頃かな? と
玄武Jrを子供屋台に乗せ太鼓を打たせてみる。

そうしていると青年会が大人屋台で
太鼓の練習を始めた。

この様子に玄武Jrも“スイッチ”が入ったようで・・・。

親馬鹿ながら、最初に比べると上手くなる息子に
ちょっとジーンとしてしまいました。

途中、世話方の方にも

「声だして!」「ヨーイヤサー」と

言って下さいましたし、子供の遊びともいえる練習に

「頑張れよ!」と

お言葉を頂いた時は本当に嬉しかったですし、

寛大な亀山町民の心意気が見えた一時でもありました。

因みに、Jrは太鼓にハマッて、今日も屋台蔵に行くんですとさ。

| | コメント (0)

ついに、一桁

こんばんは、玄武です。

タイトルにもあります様に
生矢神社秋季例大祭の宵宮まで
あと一桁の日数となりました。

私的には徐々に
テンション上がってきています!

今日は屋台の補修があり、夕刻に公民館へ
行っていました。

祭り本番に向け、職人さんにも助けて頂きながら
準備が進んでいます。

今週末は蔵開き(帳場開き)があり
屋台の肩合わせ(練習)を兼ねて
公民館前で屋台練りを行います。

蔵開きの前に(役員)総会(顔合わせ)があり
その後、屋台を練ります。

今年初めての肩合わせなんで
亀山の皆様はご参加の程、宜しくお願い致します。

時間等は明日にでも記事にします。

さて、近々、宵宮、本宮の巡行表をUPします。

見に来られる方はUP後になりますが、
そちらをご参考にして下さい。

| | コメント (6)

玄武すぺしゃる

こんばんは、玄武です。

最近、毎日、寄り合いで公民館に行っていますが
役員さんが作ったリヤカーリストにある物を発見。

リヤカーとは祭り当日、屋台巡行に必要な道工具や
屋台の合羽、ライト等、準備品を入れる
金属製のパイプで形成された2輪の荷車。

当日は移動範囲が非常に広く、
蔵や公民館まで遠いので、リヤカーも
屋台と一緒に巡行します。

下の写真では屋台の手前側(本棒と閂の下)に
二台あります。
S110923_125614_2

・・・で話は戻り、村の役員さんは
このリヤカーに色んな物を準備するように
リストを作っておられました。

リヤカーの準備するのは私じゃないですが
これは忘れ物がなくて良いです!

早速リストをチェ~ック!

ふむふむ。

屋台の合羽に・・・

救急箱(薬も数種類・・・)

道工具に・・・

日本酒・・・

塩・・・

その他、色々あって・・・

その下ぐらいに・・・

玄武スペシャル!
(玄武→ホントは私の本名ですが)

はい。

ピンときました。

正解は
S110926_2338201

ある方から譲っていただいた「特製ハタキ」

これを持って私は要所要所で・・・。
Sc_0174
パタパタシテマス。

実はこのハタキは第二号。

実は数年前、一号ハタキを中学生に
「くれぐれも保管には注意するように」と口うるさく言って
預けたら壊して枝だけになり、先が無くなってしまった。

事情を聞くと、悪ふざけし過ぎで壊れてどっかへいったと
偉そうに言いやがったんで、その子が
泣きそうになるぐらい説教したという、悲しい過去がある。

壊すのは一番の問題ではなく、言い方が非常に
問題があったので、マジで注意というか説教した。

当然、壊すのも問題があるんで説教しましたけど・・。

今、その子供達も、ちょっとだけ大人になり、
準備等、一生懸命に手伝ってくれていると思う。

当時はめちゃくちゃビビッタと思うけど・・・・。

という事で
大切なものは無くなったら大変なんで
個人的に自宅にて所有、保管しています。

村の方に名前をつけてくださるってのも
光栄な事で嬉しく思います。

このハタキを譲って下さった方も
このブログを見てくださっているはず。

ごめんなさい。

勝手に命名します。

○○スペシャルです!
(○○は私の本名を!)

これぐらい、このハタキがラブな私。

だって、使いやすいんだもん!

| | コメント (4)

晴天に恵まれて

こんばんは、玄武です。

少し前の記事の
はじまりでもお伝えしていましたが
当地区の亀山町は
先週の9/23は紙手(シデ)作りと屋台の太鼓入れが
亀山公民館(屋台蔵)にてありました。

今年は腰の調子が悪いので
あまりお役にはたてませんでしたが
色んな方とお話をして良い場になりました。

今年は写真が少ないのではH21の様子ですが
今年も晴天に恵まれ蔵の外での太鼓入れの作業。

今年もの写真と同じ光景でした。
Img_6599
この状態で屋台を傾け、高欄(こうらん)部分の四方に
四人が乗り込み(上がり)太鼓の
紐(ロープ)を持ちます。
※太鼓には四方にカンがあり、当然ロープも四本ある

ある程度太鼓が入ったところで屋台を元に戻す

S110923_114536
高欄には太鼓の紐をくくる柱があるので、太鼓の
高さを見ながらしっかりと固定する。

簡単にいうとこんな感じ。

結構な重労働です。

ちょうどその頃、
紙手は大量に折られ蔵に仮置きされていました。
S110923_125614
これは一部。
公民館の中に折ってない紙手もありますし、
一部は亀山町内の電柱にくくり付ける為、この時は
蔵には無いものもあります。

参加された方々、お疲れ様でした。

・・・で、こちらも毎年恒例になっていますが、
祭り前のこの時期の早朝。

町内の鳥居であります、
横吊り提灯(他地区では日参、揚幕(アゲマク)とも言われる)
立てられていました。

亀山町は広いので各地区に
こうした横吊りが立てられる。(一部の地域は祭り直前)

S110925_073543
まさに立てられる最中。

提灯の部分を上げていますね。
写真は一番上より1Mぐらい下でしょうか。

というのもこの撮影場所は車の中。

本日、9/25は私は出勤の為
車で出社中。

思いっきり通行止めをくらいました。

我が村(近所)なので知り合いも多く

「お前何しとんねん!」

「手伝え!」

と笑いながら
ちょっかいは掛けられましたが・・(笑)

仕事から帰ると、町幟りも立てられていました。
13
いよいよ祭りムードになってきました。

| | コメント (4)

言わんでも。

自分の地域では本気で泣ける。

本気で言い合える。

今回の須加の入魂式で練り子の知り合いが
言っていた事に胸がアツくなった。

色んな事を話しているうちに
亀山玄武会の事が頭に浮かんだ。

言わんでも分かり合える。

コレは会のメンバーの中で
ツボの一つでもある。

ああ、良いメンバー達で本当に良かった。

この前、玄武会の会長と話していて
本当に思った事。

会をつくってホンマに良かったな。

玄武会の後輩の結婚式で号泣。

だって、本当に嬉しかったんだから。

俺は涙が止まらなかったよ。

| | コメント (2)

はじまり

こんばんは、玄武です。

亀山でも当ブログを
閲覧して頂いてる方もいるので
まずは、お知らせ。

明日、亀山町では紙手(シデ)作りと
屋台の太鼓入れを行います。

時間は午前9時~亀山公民館にて。

太鼓入れは若干時間が遅れます。

昨年は天気が悪く、蔵の中で強引に
太鼓を入れましたが、明日は天気が良いみたいなんで
タイミングが良ければこの光景を見れるかも!?

Img_6602

Img_6601
数年前の太鼓入れの様子

屋台の上で踏ん張っているのが結構
しんどかったりする・・・。

明日は腰に優しい位置で仕事シマス。

| | コメント (0)

須加屋台 入魂式 その2

こんばんは、玄武です。

今回は前回の須加屋台入魂式の続きです。

練り子が所定の位置について
いよいよ屋台練りが始まります。

この日の屋台練りは
動画がメインで撮影していますんで
数回に分けて
今後、徐々に更新していきます。

この日の動画の撮影は
式典終了後の屋台練り→昼食前まで


「その1」は台場差しまでの屋台練り

やっぱり太鼓の音はええな~。

次回に続きます。

| | コメント (0)

有言実行

こんばんは、玄武です。

一ヶ月前か、その少し前ぐらいに
関連会社主催の講習の話がありました。

講習は二日で、受講者が沢山いるとの事だったので
受講者を振り分けて数回に分けて行うとの事でした。

講習日は10月と11月の二回。

事前に「この日とこの日ですよ~」的な
話しやったんで、取りあえず10月の日を聞くと・・・。

10月8日、9日です(土、日)

あかん。

それ、祭りなんで、11月にしてください・・・。

ってことで、「そりゃそうだ」と、11月にしてもらう。

あっ、私、会社でも有名な祭りバカって事で有名!?です。

違う言い方をすると
一年の中でその日を楽しみに生きてる人って事でも有名!?

で、今日、上司が関連会社の昼礼に出ていると
予定表に10月の講習の名前が・・・。

あれだけダメと言っていたのに
何故に私の名前があるの?

※予定表に名前を書いたのは上司ではありません。

というのも、関連会社の親分が見事に忘れている模様。

すかさず、私の上司が

「こいつ(私こと玄武)は絶対に出ぇへんで!」

「何が何でもその日だけは絶対に絶対に出ません!」

と強く否定してくれたらしい。

実を言うと、今の会社に入る時
この上司にコレだけはって事で
一つだけ言った事があります。

「祭りだけが生きがいなんで、
何が何でも休みにしてください」

そう言った私を笑いながら
快く了承してくれた上司なんです。

人生の大先輩であり、何でも知っている上司を
本当に尊敬していますし、そんな私の事でも
気にかけてくれる上司がいる事を嬉しく思いました。

そういえば、数年前の祭りの前日は
怪我をしたらアカンって事で、
仕事を減らしてくれた記憶があります。

流石っす!

「何が何でもその日は祭りに出ます!」

って言ったら、

「そらそうやろ!」

と爆笑されました。

| | コメント (0)

須加屋台入魂式

こんばんは、玄武です。

本日、9/19 は浜の宮天満宮の氏子であります
須加(すか)地区の屋台入魂式があったので
見に行って来ました。

まずは、須加の皆様、
本日は本当におめでとうございます。

心配されたお天気も何とか大丈夫だったようで
良かったですね。

ただ、暑かったので相当お疲れだと思います。

本番は日が同じの為、見に行けませんが
良い祭りになりますようお祈り申し上げます。

さて、今回の須加屋台の新調ですが、
幕以外の総新調と伺っています。

事前に地元の方に式典の時間等を
伺っていたんですが、予定がちょっと早かったようで・・・。

お宮に到着すると式典は執り行われた後だったようで
屋台が据付けられていました。
Img_0455_2
白木が眩しい堂々たる姿。

Img_0458_2
伊達綱のつけ方も、この地区独特ですね。

因みに屋台紋ですが、真左右(東西)は梅鉢。

Img_0460_2
正面、裏正面の屋台紋は須加といえばコレですね。
「三階松紋」

側で見ると、かなりの大きさで凄い迫力です。

Img_0462_2
子ども会かな?

お母さん方や子供達の法被にも「三階松紋」

そうこうしていると、記念撮影が始まりました。
Img_0461_2 Img_0463_2
皆さん、“ええ顔”されていますね。

この時、知り合いも見に来ているだろうと
この方に電話しました。

電話のお相手は
いつもお世話になっていまして
相互リンクして頂いています
試行錯誤のすぱいらるの管理人さんで
marchjuddさん

しばらく二人で話していると
この方も発見。

いつもお世話になっていまして
相互リンクして頂いています
播州福泊港の管理人さん。

屋台練りが始まるまで、しばらく話していました。
(マニアックな話・・・かな?)

この日は家族と一緒に来てたので
お二人とはここでお別れしました。

家族の所に戻ると
屋台練りが始まる為、屋台に練り子が
集まってきました。

Img_0464_2
徐々に徐々に緊張感が高まってきています。

Img_0468_2
練り子の表情からしても伝わってきます。

この独特の雰囲気が好きですね。

さぁ、いよいよ屋台練りが始まります。

次回へ続く。

| | コメント (12)

おかげさまで四周年

おはようございます、玄武です。

祭りまであと少しとなりましたね。

さて、タイトルにもありますが
2007、9月17日より開設しました当ブログ。

沢山の方々に閲覧して頂き四周年を
迎える事が出来ました。

本当にありがとうございます。

最近は放置が多く祭りネタは少ないですが
今後もボチボチと更新が続けられたら・・・と
思っています。

また、拙い文章でくだらん事も書きますが
今後ともお付き合い下されば・・・と思います。

放置が続く中・・・沢山の方々に閲覧頂き

開設からのアクセス数は260263アクセス

ご訪問された方は96891人。

※2011.9/17.8:00 現在の数字

※「アクセス数」と「訪問者」は携帯を除く

本当にありがとうございます!

ブログを始めて色んな人と出会い、
知り合いになりました。

色んな方と知り合いになるのも貴重な財産。

沢山の事を教えて頂いています。

本当に感謝しています。


今後とも「屋台蔵」を

宜しくお願い致します。

S101010_151153

さぁ、もうちょっとで祭り。

個人的には腰のメンテをしっかりとして
本番に臨みたいですね。

Jrと一緒にマワシをして蔵に行くのが
ちょっと楽しみ・・・。

| | コメント (4)

匠から玄武会、そして・・・

こんばんは、玄武です。

今回は前回の記事にもしていますが
先週末に出席した亀山玄武会の後輩の
結婚式の“ある物”についてお伝えします。

一ヶ月か、もうちょっと前だったか
記憶が定かではありませんが、
式に出席するメンバーで新郎.新婦に
何をお祝いするか打ち合わせをしていました。

そこで、ある方から他ではありえない
玄武会らしい何かをしようと提案がありました。

色々と話をする中で
式当日に出席者を出迎える物にしよう。

といった話になりました。

この記事を閲覧されている方の中にも
今まで結婚式に出席されたという方は
色んな物をご覧になってきたと思います。

勿論、私もですが・・・。

じゃあ、結局何を贈ったのか。

答えは

「ウェディングボード(ウェルカムボード)」です。

最近では趣向を凝らした
手作りの物も多いですね。

当然、新郎.新婦も何か作るはず・・・。

本当はサプライズでプレゼントしたかったんですが
一様、趣旨は伝え、玄武会(出席するメンバー)から
ということで、OKを頂きました。

内容には全く触れず・・・。

・・・で、式の前日。

ビックリ、感動の逸品が出来上がりました。

Simg_0440_2
石の彫刻。

エアーブラシと筆で色づけされた
世界に一つのウェディングボード(ウェルカムボード)

テーマは「亀山屋台を新郎新婦が練る」

忠実に屋台を表現するだけではありません。

非常に良い仕事しています。

Simg_0441
繊細な凹凸は本当に感動モノです!

生で見た時、マジで鳥肌がたちました!!!

何より、新郎似すぎ(笑)

よく見ると手をつないでいるしね。

新郎新婦が笑顔で屋台を練るって
アリだと思いませんか?

気になるのは誰が作ったか。

それは

匠石彫 さん(たくみせきちょう)さん

一つ一つハンドメイドで作られています。

匠石彫 さんは今回の事を自身のブログに
取り上げていらっしゃいます。

TAKUMI BLOG

式場でも好評で非常に喜んで頂きました。

段取りをしてくれたKさん。

本当にありがとうございます。

またこのボードを製作して頂いた匠。

本当にありがとうございます。

| | コメント (2)

今日はめでたい晴れ姿!

おはようございます、玄武です。

本日、9/11は我が亀山玄武会の
メンバーの結婚式があります。

縁があって私も式に出席させていただく事になりました。

午後から式場へ出発します。

以前から何となく記事には書いてますが
当日、式で放映するDVDの編集をさせて頂き
本日、お披露目となっています。

二人、喜んでくれるかな~。

俺、感動して泣いてしまいそう・・・。

H君、Sちゃん ホンマにおめでとう!

| | コメント (0)

人生初

こんばんは、玄武です。

私の地域の秋季例大祭。

つまり、生矢神社秋季例大祭の宵宮まで
一ヶ月をきりました。

一ヶ月前という事で、まずは我が家の
祭りの準備をしようと、Jrの足袋をゴソゴソ・・・。

Jrは昨年、人生で初めて足袋を履きました。

それが
Simg_0591 
去年のJr。

「人生で初めて足袋を履く」 の巻。

今年も履かせようとJrを呼んで
足袋を足に・・・。

あれ? 様子が変やぞ???

様子が変なのも当たり前な訳で
一年経つと息子も成長する訳でして
親としては非常に嬉しい誤算がありました。

それは、足が大きくなりすぎて足袋が全く入らない事。

その成長の記録。

約二cm。

昨年の足袋はたった二日
(厳密に言えば数時間)しか履かなかったけれど
不思議と勿体無いという気持ちには
なりませんでした。

という事で、今年もJrの足袋を新調。

某職人の店に行って購入してきました。

そこで思った事ですが、時代なんでしょうかね。

子供用のサイズも充実。

私みたいに買いに来る客もいるんだから
そりゃ~サイズも充実してるわな。

・・・と妙に納得したり。。

でも昨年と違うのは、
ちょっと大き目のサイズを購入した事。

・・・で履かせると、やっぱり大きい・・・。

こりゃ辛そうって事で、ネットでJr用の
二股の靴下も購入。

この靴下もちょっと拘りでして
職人さんが一足一足縫い上げる物。

・・・で昨年からやってみようと
決めていた事がありましたので本日やってみました。

それは・・・。

まずは昨年の様子から
Simg_0603
昨年の祭り直前の様子。
一見、マワシに見えますが、実はサラシです。

生地はペラペラで薄い素材。

気合い入っているみたいなんで関係なさそうです(笑)

今年はというと・・・。

Simg_0430_2 
とりあえず、洒落のつもりでズボンの上から
マワシを〆てみる。

後ろに(床に付いている部分)長いのは私のマワシを
そのまま使っているから。

実は私、マワシを二本持っていたのですが
一本はあまりに柔らかくなりすぎて
数年間使っていませんでした。

Jrが生まれた時、今の年齢になる年の祭りで
譲りたいと思っていました。

いくら柔らかいといってもサラシよりは硬く
子供にとっても硬いはず・・・。

でも、マワシを〆たJrは満更でもない様子・・・。

それならって事で、今年、もう一つ新調した
世界に一つの物も着用。

Simg_0432
本番ではないのでマワシは緩めに〆てます。

この時は新調した足袋(この時、靴下はなし)と
黄色いシャツを着ています。

後姿は・・・。
Simg_0434
マワシの寸法も長めで幅も広く、緩めに〆てるんで
後ろが、“ごっついデカイ”ですね。

この後姿に、上記で述べた世界に一つがあります。

Simg_0436
忠実に亀山の法被を再現した「亀のマーク」

実際の法被には神紋は無いが
亀だけだとちょっと物足りなく感じ神紋も追加。

あとは、ミニ紙手(シデ)を持ったら完璧!?

本番に二人で歩くのが楽しみです。

・・・と、この記事を書いてきましたが
以前に、こんなのをするのは親のエゴしかないって
決め付けた方がいらっしゃいましたが
玄武家の場合は何に対しても
Jrには分かるまで説明します。

今の所Jrは、祭りは好きなようですし
父親の私と同じ格好をしたい・・・
と思っているようです。

実際に〆る時もそうですが、
「お父さんと同じやな」と嬉しそうに話したり
マワシを〆る時、何も言わずとも
股を開いて〆やすくしてくれたり
〆込み後は、“スイッチ”が入ったり・・・と
“いかにも”エゴって事はなさそうです。

よそ様の家は知りません。

私の家に関して他人にどう思われても構いませんが
あんな格好させられて子供が可哀想や
という発想は今の所捨ててください。

親として自分の息子の発言や行動を
素直に喜んでいますし、感謝もしています。

胸張って言えますね。

かっこええぞ。

Jr!

| | コメント (0)

もう少し。

こんばんは、玄武です。

9月に入り、祭りまで
あと一ヶ月となりました。

あと一ヶ月ちょっとなんで
右サイドバーに毎年恒例の
カウントダウンを設置しました。

今年も、ええ祭りになりますように・・・。

Simg_6739
H21.生矢神社秋季例大祭 宵宮
出立ち前の亀山屋台

| | コメント (4)

これは・・・

おはようございます、玄武です。

9/3 10時 現在、姫路市は台風12号の影響で
雨風が強くなってきています。

皆様、ご用心なさってください。

さて、突然ですが、下の写真は何でしょう?

S110824_165529_2
鋭い人っていうか、祭りをする人なら
絶対に見た事ある部品です。

正解は、屋台の台車の車輪(コマ、ゴマともいう)

Simg_6738
参考までに、亀山屋台を台車に乗せている様子
※クリックすると少し大きくなります。(一部の方は除く)

何で台車のコマの写真が写せるかというと
地域はいえませんが、ある場所の屋台を○○される
村の方が会社関係にいらっしゃいまして
台車製作をされるそうです。

以前より色々と相談を受けていまして
その時に撮影したという事ですね。

S110901_162913
↑台車の部品を溶接している様子です。

S110901_163231
こちらも部品の一部

まだ、仮の段階でもあり正式なものではありませんが
ほぼ決定・・・な感じですね。

何回もいいますが何処の場所かは秘密です。

あしからず。

| | コメント (0)

初!

こんばんは、玄武です。

ここ数日、PCを修理に出していた事もあり
のんびりと・・・と考えていたら
急な仕事が入る・・・で休みなしでした。

残暑が厳しすぎる事もあるのか、
かなり疲れています。

疲れているけれどPCが直ってきたら
復旧~後輩のビデオ編集の詰めの作業と
時間が足りない気がします。

一日が30時間あったら何とかいけそうですが・・・。

ということで、前回の記事の続きです。

前回はH23.亀山町地蔵盆

今年は我が亀山玄武会も地蔵盆の
出店に参加させて頂く事となり
入念な打ち合わせ(飲み会)をして
当日を迎えました。

心配していた当日の天気。

段取り時は雨で、中止かと思いきや
夕刻より雨もあがり無事に開催されました。

S110820_183958
雨の影響もあってかオープン時は
お客さんも少なめ・・・。

手前(正面)では祭りの映像があります。

BDを販売しましたが、若干余りがあります。

興味のある方はコメントくださいね。

その他の販売内容は「子供が喜ぶ出し物」です。

今年は初めての経験で至らぬ所が多々ありましたが
先輩方の意見を参考にさせて頂き来年以降に
つなげていきたいと思います。

キーポイントは「子供にも優しい亀山玄武会」

ってところでしょうか。

良い経験をしました。

この時、玄武会が着ていたTシャツは・・・。

後日、記事にします。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »