« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

姫路ええやん 技・職人展

こんばんは、玄武です。

5月上旬頃、当ブログでも

お伝えしましたが、タイトルにもあります

姫路ええやん ・職人展」 の

再お知らせです。

※当ブログの関連記事→展示依頼

相互リンクして頂いています

砂川仏檀店・砂川漆工芸 さんのHPに

正式版のチラシが掲載されていましたので
当ブログでも掲載したいと思います。

チラシの上でクリックすると大きくなります。
一部の方は除く。

チラシ表面 ↓

Photo

チラシ裏面 ↓
Photo_2



このイベントの展示ブースには
以前の記事にも書きましたが
亀山屋台の狭間も一面、
展示される事が決定しています。

私も5月中旬頃、役員の方と一緒に
亀山公民館(屋台蔵)に
展示予定の狭間の点検の為、
行って来ました。

昨年の祭り後、狭間の枝の脱落があり
部品は狭間と一緒に保管してあったので、
すぐその足で、補修の為
砂川仏檀店・砂川漆工芸 さんに
持って行きました。

現在、補修中です。

持って行った時に撮影
Photo_3

現在、補修中の亀山屋台の狭間(一面)ですが、
画像処理をさせて頂きました。

マニアと呼ばれる方は見当がつくかと思いますが
よく分からんと思われる方は当日のお楽しみという事で
是非、会場でご覧くだされば・・と思います。

祭り好きのイベントだけでなく
姫路の様々なジャンルの職人が
匠の技を見せてくれると思います。

普段触れ合うことのない、または、考える事のない
特殊な文化かもしれませんが、物作りの観点から見て
物を作る素晴らしさ、手作業の素晴らしさを体験されては
いかがでしょうか?

あと、チラシにも書かれてありますが
会場は駐車場がありません。

厳密にいうと一般の方は
車を止める場所がありません。

会場の駐車場は関係者(特に職人さん)の
駐車場となっています。

一般の方は、公共機関をご利用になるか
近辺の駐車場をご利用下さい。

常識で考えると分かる範囲と思いますが
マナーのある行動を御願い致します。

| | コメント (2)

一意奮闘

こんばんは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H23.生矢神社秋季例大祭 本宮、
亀山の様子をご紹介します。

宮出を済ませた各町は
馬場にて練り合わせを始めています。

前回の負けん気の動画に引き続き
今回も練り合わせの様子です。

この練り合わせ、飯田が元気良かったなぁ。

次回へ続きます。



・・・とちょっと、一言だけ。

ここ数日の仕事の忙しさと、疲れの影響か
腰を再び痛めてしまいました。

PCを起動させるも、ブログまで更新・・
という気分に全くならず、暫くはポツポツの
更新にしようかと思っています。

| | コメント (6)

負けん気

こんばんは、玄武です。

今回は以前からお伝えしています
H23.生矢神社秋季例大祭 本宮、
亀山の様子をご紹介します。

※前回は夷険一節

宮出を済ませた各町は
馬場にて練り合わせを始めました。

宮出の坂を下りる時にグダグダになっていても
練り合わせが始まると意外にも元気な様子。

何処の町も、やはり負けん気が強い証拠でしょうか。

下の動画は亀山メインの練り合わせの様子です。



次回に続きます。




世間一般はGWですが、
ワタシは「 元気にWorking 」 でした。

バタバタの仕事が入り、休日、土日は関係なく
連日の出勤でした。

落ち着いていた腰ですが、
再び痛くなってきました。

仕事もまだ忙しそうなので
ブログの投稿は暫く無理そうです。

| | コメント (0)

展示依頼

こんばんは、玄武です。

ひょっとしたらご存知の方も
いらっしゃるかもしれませんが
ご報告します。

以下は、相互リンクして頂いています
砂川仏檀店・砂川漆工芸 さんからの情報です。

情報元は、裏砂川仏壇店(日記)

「 姫路ええやん 職人 展 」
Image621_5_2
ようやくご報告できます。

このたび上記事業が
(社)姫路青年会議所主催で行われます。


日時:平成24年
    6月30日(土) 9:45~16:30
    7月 1日(日) 10:00~16:30
 (初日はオープニングセレモニーが開催されます)

場所:姫路市立文学館
(姫路市山野井町84)

内容:伝統工芸の展示
    伝統工芸の制作実演
    伝統工芸の制作体験

後援:姫路市 姫路市教育委員会
    神戸新聞社 姫路ケーブルテレビ

彫刻・錺金具・刺繍など54点(予定)の屋台装飾品の展示、
名だたる名工が一堂に会する制作実演、
その一端に触れる体験ブース、

など祭り関連だけでも今までにない
内容での事業でございます。


それ以外にも姫路張り子・姫山人形・
刀工・和弓職人など計24種(予定)の
播州姫路ならではの伝統工芸が集まります。


これは凄いイベントになりますね。

播州の祭り文化だけでなく
色んな職人が集まるイベントになるそうです。

因みに、個人的な話ですが
友人の職人さん数人も出演されるそうなので
私も見に行きます。



さて、タイトルにもあります「展示依頼」ですが、

屋台文化保存連絡会より、

同イベントの屋台の装飾品の展示という事で

屋保連より亀山町にも依頼があったそうで、

詳細はブログでは書けませんが

亀山は狭間(さま)の一面を展示する事が

自治会、祭典関係者の協議結果、

正式に決定しました。

どの場面を展示するかは
当日のお楽しみという事にしますが
祭典関係の方より狭間の傷み状況を
屋台蔵にて確認したい、とのお話でしたので
近日、関係者の方々と一緒に
確認作業に立ち合わせて頂く事になりました。

その様子も当ブログで
アップ出来れば・・・と思っています。

現段階で、どのように展示されるか
詳細は聞いていませんが、
すぐ側で 三代目・松本義廣 の彫刻を
見れるかもしれませんね。




※展示依頼→正式決定と書きましたが
諸事情により展示出来ない可能性もあります。

その事に関して、また記事の内容に関しまして
当記事に記載されています関係者の方々、
当管理人は一切関知しないものとします。

予めご了承下さい。

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »